Table of Contents   MOBOTIX Online Help

タムコントロール

タイムタスクダイアログを開いて、特定の時間にカメラが実行するタスクを定義します(通常は反復するタスク)。

例:
ウェブサイトの画像を毎日午前7時と午後9時の間に10分毎に更新する場合。

タイムタスクの設定

タイムタスクとして実行されるアクションとメッセージ

アクション/メッセージ 説明
前回のシステム設定をリストア

最後に永久保存されたシステム設定が再度保存されます。一時的に保存された設定は失われます。

このアクションを使用して、ユーザレベルで複数のユーザがアクセスする全部のカメラを定期的にリセットします(チェックの場合など)。

カメラを再起動

カメラの機能を指定どおりに動作させるには、カメラを定期的に再起動することを推奨します。

出荷時設定では、カメラは毎朝3時36分に再起動します。

タイムタスクイベント

時間を基準にした計画に従ってイベントをトリガします。

注意: このアクションが表示されない場合、イベント設定ダイアログでタイムタスク(TT)を有効にしてこのダイアログをリロードします。

FTP"<プロフィール名>":
現在画像

FTP"<プロフィール名>":
イベントの記録

FTPプロフィールダイアログで作成したプロフィールの1つを選び、アクションを設定します。

  • 現在画像:FTPサーバの現在画像を保存します。このアクションは、たとえばウェブサイトに画像を定期的に保存する場合などに使用します。
  • イベントの記録:全部のイベントを圧縮ファイルとしてFTPサーバにダウンロードします。

注意:

  • 画像は転送後、RAMから削除されます。
  • ファイルを圧縮すると数MBのサイズになります。
  • アクションが表示されない場合、FTPプロフィールダイアログでプロフィールを作成してダイアログをリロードします。
電子メール"<プロフィール名>"

電子メールのプロフィールダイアログで作成したプロフィールから1つ選び、電子メールを定期的に送信します。

注意: アクションが表示されない場合、電子メールのプロフィールダイアログで新規プロフィールを作成してダイアログをリロードします。
電話着信"プロフィール名"

Outgoing Calls Settingsダイアログで作成したプロフィールから1つ選び、カメラからの電話を定期的に着信します。

注意: アクションが表示されない場合、電子メールのプロフィールダイアログで新規プロフィールを作成してダイアログをリロードします。
IP Notify"プロフィール名"

IP Notifyのプロフィールダイアログで作成したプロフィールから1つ選び、IPメッセージを定期的に送信します。

注意: 指定したIPメッセージが表示されない場合、IP Notifyのプロフィールダイアログで新規プロフィールを作成してダイアログをリロードします。
ボイスメッセージ"ファイル名"の再生

Manage Voice Messagesダイアログで作成したオーディオファイルから1つ選び、定期的にカメラのスピーカで再生します。

注意: アクションが表示されない場合、Manage Voice Messagesダイアログで新規オーディオファイルを記録して、ダイアログをリロードします。

Time Fieldsの数値

Time Field 値の範囲:
0 .. 59

0 .. 23

注意: このフィールドでは分は識別されません。7-19と入力してフィールドを"*"にすると、午前7時から午後7時59分までの画像がカメラから転送されます。
別途参照:
日にち 曜日:1 .. 31
1 .. 12
曜日 曜日:0 ..70 = 日曜日、1 = 月曜日 ...6 = 土曜日、7 = 日曜日
注意: このフィールドには数字のみ入力できます。

Time Fieldの入力の組み合わせ

時を指定する場合は数値、アスタリスク、リスト、範囲または間隔を入力します。

文字 機能 説明
  数値 数値では特定の時点を指定します。Time Fieldの1212分を示しています。
* すべて アスタリスク"*"はすべてを意味します。Time Fieldのの"*"は毎時を示しています。
, リスト リストでは複数の数値を組み合わせることができます。Time Fieldの日にち3、6、8毎月の3、6、8日を示しています。
- 範囲

Time Fieldの範囲を入力します。Time Fieldの7-97番目の月(7月)と9番目の月(9月)を示しています。

数値は常に小さい順に入力します。たとえば、時フィールドに22-5を入力すると、エラーが返されます。この場合、2つの範囲(22-23 と 0-5)を入力するか、2つのタスクを指定します。

/ 間隔
(開始 - 終了)

間隔を使用すると入力内容が少なくなります。Time Fieldの7-18/2午前7時から午後6時まで、2時間毎を示しています。

上記を全部を入力した場合: 7,9,11,13,15,17.

*/ 間隔
(x毎に ...)

また、間隔にアスタリスク(*)を組み合わせることも可能です。Time Fieldの*/1000分から開始して10分毎を示しています。

注意:

タスクは00分で1度実行されてから、間隔を置いて再度実行されるため、最大値の1/2を超える値(>30分など)は一部の例外を除いて意味を成しません。

例:*/50を入力するとタスクは00分に実行され、次に50分に実行されます。

注意: 少なくともTime Fieldの1つに数値を入力します。すべてのTime Fieldにアスタリスクを入力するとタスクは拒否されます。

日にち 曜日 説明
*/10 7-21 * * * タスクは毎日午前7時から午後9時50分の間、10分毎に実行されます。午前7時から午後9時ちょうどに画像を保存するには、2つのタイムタスクを作成します(以下の例参照)。

*/10

0

7-20

21

*

*

*

*

*

*

タスクを正時に実行するには、次のタスクをその時間に設定して、分に0を指定します。
この2つのタスクは以下のように実行されます。

  • 最初のタスクは毎日午前7時から午後8時50分の間、10分毎に実行されます。
  • 次のタスクは毎日午後9時に1度だけ実行されます。
*/10 7-15 * 6-9 2,4 タスクは6月から9月の火曜日と木曜日の午前7時から午後 3 時50分の間、10分毎に実行されます。
*/15 8-16 * * 1-5 タスクは月曜日から金曜日の午前8時から午後 4 時45分の間、15分毎に実行されます。

オプション

ダイアログの右側の境界に、設定した各タスクに対して2つずつオプションスイッチが表示されます。

停止 設定はシステム設定に保存されますが、タスクは無効になります。
Deleting タスクは無効になり、システム設定から削除されます。
注意: 削除オプションは保存されたタスクにのみ使用できます。

Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/