Table of Contents   MOBOTIX Online Help

タイムテーブル

タイムテーブルダイアログを使ってカメラの特定の機能のオン/オフのスケジュールを設定します。

  1. アクションメッセージ送信動作待機
  2. ロゴの表示のスケジュール

このダイアログの最初にあるカスタム日のセクションでは、以下で設定するタイムテーブルの例外を設定します。


カスタム 日

毎週の定期的なスケジュールが中断される休日や休暇をリストしたカスタム日を作成します。

カスタム日リスト 説明
名前

カスタム日リストの固有の名前を入力します。
文字、数字、ピリオド、カンマおよびアンダースコアのみを使用してください。

カスタム日リスト そのリストの毎週の定期的なスケジュールが中断される全部の日を入力します。#記号で開始する空欄や行はコメント行と見なされて無視されます。

入力フォーマットはISO8601に準拠しています。新しい日を追加するたびに新しい行を作成します。以下のフォーマットを使用します。
  • 1つの日付:YYYY-MM-DD
  • 複数の日付:YYYY-MM-DD..YYYY-MM-DD
注意:

タイムテーブルの各行の選択ボックスに新規のカスタム日リストを追加するには設定ボタンをクリックします。カスタム日のリストはリストボックスの最後にアングルブラケットを付けて表示されます。

<NewYearHoliday>


タイムテーブル

複数のプロフィールを設定して、それぞれ1つのタイムテーブルに保存できます。タイムテーブルには固有の名前を入力します。文字、数字、ピリオド、カンマおよびアンダースコアのみを使用してください。

新しいタイムテーブルの追加をクリックして、時間間隔の例が1つ(1行)ある新規タイムテーブルをリストの下部に追加します。

タイムテーブルのそれぞれの時間間隔では、特定のカメラの機能のオン/オフを切り替える時間を設定します。たとえば、複数の時間間隔をそれぞれ設定した2つのタイムテーブルを保存して、開始や終了の時間(あらかじめ設定したタイムテーブルOpening_TimesおよびClosing_Times参照)によるカメラの待機動作の切り替えに使用します。

カメラのモデルによっては、タイムテーブル内で使用できる時間間隔の数が制限されています。

タイムテーブルの列

目次 説明
1
アラームシンボルおよび行のブルーの背景色はその時間間隔が現在有効であることを示しています。
2 切り替え 時間間隔の動作の切り替えを設定します。タイムテーブルの最初の時間間隔では、開始および終了時間から差し引く時間を設定します。差し引く時間は、現在の時間間隔と逆の動作に切り替えるときの所要時間です。時間間隔を指定しない場合、プロフィールは有効であると見なされます。
  • オン:開始時間から終了時間まで、カメラの機能はオンに設定されます。
  • オフ:開始時間から終了時間まで、カメラの機能はオフに設定されます。
3 タイムテーブルとカスタム日のリスト

時間間隔が使用される日を選択します。カスタマイズした平日の組み合わせを使用するには、システム設定ファイルを手動で編集します。

カスタム日を設定すると、リストボックスの最後にアングルブラケットを付けて表示されます。

<NewYearHoliday>

4 + 5 開始時間 時間間隔の開始時間を時間と分で指定します。開始時間は常に終了時間より前の時間を指定します。そうしないと、終了時間は自動的に23:59に設定されます。
6 + 7 終了時間 時間間隔の終了時間を時間と分で指定します。時間間隔は終了時間に設定した時間の分の単位が経過するまで有効です。終了時間は常に開始時間より後の時間を指定します。そうしないと、終了時間は自動的に23:59に設定されます。
8 アクション
  • 削除:タイムテーブルから指定した時間間隔を削除します。
  • 追加:タイムテーブルの最後に新規の時間間隔を追加します。

プロフィールの削除

プロフィールを削除するには、プロフィールの下にある削除オプションをオンにします。プロフィールは画面下部のSetボタンをクリックするとすぐに削除されます。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/