Table of Contents   MOBOTIX Online Help

例:ルーティング

以下のシナリオではネットワーク接続とそのルートの設定を説明しています。

シナリオ

駐車場にカメラを設置して、会社の建物の正面玄関を監視します。カメラのライブ画像は受付で監視します。また日中、外部サーバにある会社のウェブサイトに画像を表示して、夜間は敷地内を監視します。アラームの場合、画像は会社のネットワークに保存されるだけでなく、冗長化されてISDNでバックアップ用コンピュータに送信されます。アラームの場合、Eメールも送信されます。

デザインとネットワークのトポロジ

カメラはイーサネット経由で会社のネットワークに統合されます。さらに、カメラにISDNを使用して、インターネットへの接続とバックアップ用コンピュータへのダイヤル発信を行います。

セキュリティ上の理由から、社内ネットワークはゲートウェイを使用した外部のネットワーク接続と分離します。この2つのゲートウェイインターフェースのIPアドレスはそれぞれ、192.168.5.254(外部)および192.168.1.254(社内)です。カメラには外部のIPアドレスとして192.168.5.70が割り当てられます。受付のPCでは社内のIPアドレス192.168.1.121が使用され、アラームの場合、カメラは画像をFTPでインターネットサーバ192.168.1.120に保存します。

ISDNでインターネットに接続するため、プロバイダにダイヤル発信されます。それによって、カメラから会社のウェブサイトをホストするウェブサーバwww.mycompanyxyz.comに定期的に更新画像が送信されます。また、アクセス制限のないEメールサービスを使用してEメールを送信することもできます(smtp.mymailserver.comサーバの経由など)。アラームの場合、ISDNでISDNルータにダイヤル発信して、バックアップ用コンピュータ10.0.1.120への冗長な接続を確立します。

システム設定

  1. 最初に、以下の3つのFTPのプロフィールを設定します。
  2. Setをクリックして変更を保存してから、 をクリックしてAdmin Menuに戻ります。
  3. EメールプロフィールダイアログでEメールプロフィールの"ALARM"を作成します。SMTPサーバの有効なDNS名(smtp.mymailserver.com)を使用できます。
  4. Setをクリックして変更を保存してから、 をクリックしてAdmin Menuに戻ります。
  5. 次に、カメラに以下のネットワークデータを割り当てて、イーサネットインターフェースを設定します。
  6. Setをクリックして変更を保存してから、 をクリックしてAdmin Menuに戻ります。
  7. ISDNデータ接続ダイアログに以下のISDN設定を入力します。

    次に、ダイヤル発信接続ダイアログで以下を設定します。

  8. Setをクリックして変更を保存してから、 をクリックしてAdmin Menuに戻ります。
  9. ルーティングダイアログを開き、以下のルートを設定します。

    ルーティングダイアログには以下を設定します。

  10. Setをクリックして変更を保存してから、Closeをクリックしてダイアログを閉じます。変更したシステム設定値を永久保存してカメラを再起動します。

上記の設定を終えたら、ネットワーク設定のチェックダイアログでデフォルトルートを確認します。チェックに成功したら、定期的な画像(各イベントアクション)の転送を設定します。

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/