Table of Contents   MOBOTIX Online Help

ルーティング

ルーティングダイアログでは、異なるネットワークへの接続に使用するルートを設定します。ISDNデータ接続のほか、イーサネットインターフェースによる接続も使用できます。

イーサネットインターフェースおよびISDNデータ接続ダイヤル着信接続タブまたはダイヤル発信接続タブ)で設定済みの接続を使用してのみカメラはネットワークデータを送信できます。

注意: ISDNダイヤル発信接続に対して個別にルートを設定しないとカメラから発信できません。

はじめに

ネットワークネットワークアドレスおよびネットワークマスクで設定します。たとえば、出荷時設定ではカメラは10.0.0.0/255.0.0.0のネットワーク内()ネットワークアドレス/ネットワークマスク)のIPアドレスに設定されています。

ネットワークはゲートウェイを経由して接続します。ISDNルータまたはネットワーク内の特別なコンピュータがゲートウェイとして機能します。

ネットワーク内の各コンピュータが他のネットワークのコンピュータに接続したり、その接続を確認するためには、ルートを設定する必要があります。ルートは以下の情報で構成されます。

特定のIPアドレスに送信する場合、カメラは該当するアドレスへのルートの存在を確認します。ルートが存在しない場合、またはルートが設定されていない場合、デフォルトルートが使用されます。

デフォルトルート

デフォルトとして使用する接続を選択します。この接続とは、インターネットのサービスプロバイダまたは最寄のゲートウェイへの接続を指します。

イーサネットインターフェース接続を選択した場合、ゲートウェイのIPアドレスを入力します。有効なゲートウェイIPアドレスは、カメラのローカルネットワークにアクセスできるものである必要があります(イーサネットインターフェースダイアログで設定)。

注意: イーサネットインターフェースダイアログのBOOTP/DHCPオプションを有効にすると、デフォルトルート常時ゲートウェイのIPアドレスを指定したイーサネットインターフェースに設定されます。

ISDNダイヤル発信接続を選択すると、サービスプロバイダに指定されたDNSサーバのIPアドレスが使用されます。

ネットワークルート

他のネットワークへのルートを入力します。

詳細は、ルーティング - 例のヘルプ画面を参照してください。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

 In order to enable these settings, you need to store the configuration and reboot the camera!

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/