Table of Contents   MOBOTIX Online Help

VoIPまたはISDNを使用したカメラの遠隔操作

カメラがネットワークまたはISDNに接続している場合、SIP電話(Voice over IPの省略形のVoIP電話 )経由でカメラを呼び出すことができます。

呼び出した電話は電話プッシュボタンを使用して遠隔操作できます。電話はトーンダイヤル(DialToneMulti-Frequency)をサポートしていなければなりません。タッチトーンダイヤルとも呼ばれます。VoIP電話とSIPのプロバイダを利用している場合、同じプロバイダでDTMF発信もサポートしている必要があります(詳細についてはヘルプ画面のVoIP Settings参照)。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。

電話着信の設定

カメラがVoIPおよびISDN電話の呼び出しに答えるためには、最初に電話着信の設定が必要です。

このダイアログではカメラが応答する電話番号(MSN)などを設定します。さらに、呼び出しに応答する時にカメラが再生するメッセージを選ぶことができます。

パラメータの説明

パラメータ 説明
電話着信

カメラと音声で通話するかおよびその方法(通常の電話とVoIP電話)を選択します。

VoIPオプションが表示されない場合、SIP Client SettingsダイアログでVoIPを有効にして設定値を入力する必要があります。

カメラのMSN

通常は、3個のMSN(MultipleSubscriberNumer)が全てのISDNネットワーク終端用に設定されます。出荷時設定値では、カメラはISDNのS0バスにかかってきた全部のMSNに応答します。

カメラソフトウェアはMSNを見つけて入力するのを補助します。このリンクをクリックすることによって、カメラを呼び、このダイアログをリロードするか、再び開いてください:電話着信。呼ばれた最後のMSNが表示され、テキスト・ボックスにそれをコピーすることができます。

承認番号またはSIPアドレス

カメラは全ての着信電話(推奨しません)、またはここで入力する電話番号とSIPアドレスだけに応答するよう設定が可能です。

承認番号のリストを作るには、テキストボックスで1行に1つずつ承認番号とSIPアドレスを入力します。

カメラのソフトウェアを使うと電話番号とSIPアドレスの検索や入力が容易に行えます。このリンクをクリックすることによって、カメラを呼び、このダイアログをリロードするか、再び開いてください:電話着信。最後に着信した電話番号またはSIPアドレスが表示されるので、該当するボタンをクリックしてそれをコピーすることができます。

注意: このテキスト・ボックスを空に放置している時は、カメラはすべての呼び出しに答えるでしょう。これはセキュリティ上の理由で推奨されません。
着信応答メッセージ Manage Voice Messagesダイアログを使って、保存されているボイスメッセージをひとつ選びます。カメラはすべての着信に対してこのメッセージを再生します。
PINコード カメラの不正アクセスを避けるためにPersonalIdentificationNumber (個人認証コード)を入力してください。PINを設定後、カメラとの接続はすべてプッシュボタンでこの番号入力が必要です。この機能はプッシュホンを使ってカメラを呼ぶ場合に動作します(DTMF)。VoIP電話とSIPのプロバイダを利用している場合、同じプロバイダでDTMF発信もサポートされているか確認します。DTMF発信が使用できないとカメラにアクセスできません。
オーディオ機能 カメラに接続後、オーディオモードを選んでください。
オーディオなし オーディオモード動作中です
受話 ボイスメッセージが再生されたあと、接続は保持され、室内で何が起こっているか聞くことができます。
送話 ボイスメッセージが再生されたあと、接続は保持され、スピーカを通してアナウンスすることができます。
送受話 ボイスメッセージが再生されたあと、接続は保持され、カメラを介して相手と会話することができます。
双方向通信の設定 通話モードはインターホン的な動作です。音質劣化を防ぐため、カメラのマイクロホンは話している間は動作しません。
しきい値 しきい値はマイクロホンが停止中に、電話回線からの音をスピーカに出力する音量を調節します。
継続時間 マイクロホンがスイッチオフする最短継続時間を設定します。
呼出し時間制限 通話中でも最短継続時間経過後電話回線を切ります。
電子メールのプロフィール

カメラに接続できた後に、プッシュボタンの"5”"を押すと、ラストイベント画像をEメールで送ることが可能です。

送信に使用するEメールプロフィールを選択します。Eメール プロフィールで作成したプロフィールの中から選ぶことができます。

ダイヤル発信のプロフィール 電話の"22のボタンを押したときにインターネットへの電話接続に使用するカメラのダイヤル発信のプロフィールを選択します。接続を終了するには、電話の"22のボタンを再度押します。
ダイヤル発信 アイドルタイム

トラフィックが検出されたときにインターネットに接続中のISDN回線を切断するまでの時間を選択します。

注意: この設定はISDNデータ接続>ダイヤル発信接続ダイアログで設定したタイムアウト値より優先されます。

セキュリティ上のお願い

カメラと電話接続できるようにすると、だれもがカメラに電話接続可能になります。カメラへの不正アクセスを防止するために、アクセス制限が必要です。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.


VoIP/ISDNモードでのLEDシグナル

カメラのVoIP/ISDNインターフェースを使用する場合にLED Setupダイアログでデフォルト設定を選択すると、MOBOTIXカメラのLEDシグナルは以下のように動作します。

VoIP/ISDNモードでのLEDシグナル

VoIP(SIP)またはISDNインターフェースでボイス接続が確立された場合、LEDシグナルは以下のように動作します。


カメラの遠隔操作

カメラに電話接続した後、このダイアログで設定したオーディオモードへ切り替えます。"受話"を選ぶと、カメラのマイクロホンの収録音を聞くことができます。

電話のプッシュボタンを使用して、カメラのメインメニューにコマンドを送ることが可能です。

  1. 電話機の、0から9のプッシュボタンを押して動作選択してください。カメラはあなたがどのコマンドを選んだのか、番号通知します。
  2. コマンドを確認後、#ボタンを押して実行します。

注意:

メインメニューのプッシュボタンコマンド

プッシュボタン 機能
1 カメラ情報を通知します。
  • 最新イベントの時間
  • インターネット接続状態
2

ダイヤル発信接続を制御します。

ISNDデータ接続 >ダイヤル発信接続ダイアログでダイヤル発信接続が指定され、この接続がデフォルトルートとして設定されている場合、このボタンを使用してインターネット接続の確立や切断を行えます。
  • 接続が存在しない場合、カメラはインターネットに接続し、接続が確立されたらIPアドレスを通知します。
    注意:接続はダイヤル発信アイドルタイムで指定した時間内は切断されません。そのため、手動で接続を切断することを推奨します。
  • 接続が確立されている場合、電話の"2"のボタンを再度押すと接続が終了します。
3

カメラの待機を制御します。

このボタンを押すと、イベント共通設定で設定した待機スイッチがEnableおよびオフの間で切り替わります。
注意:カメラの待機状態はタイムテーブルプロフィールを使用しても制御できます。
4 カメラの日付と時間を通知します。
5 最新のイベント画像を添付してEメールします。
Eメール用に設定したプロフィールに送信します。
6 ユーザークリック(UC)イベントをトリガします。
7 オーディオモードを「聞き取り」に切り替えます。
マイクロホンの収録音を聞くことができます。その間はカメラのスピーカは動作停止します。
8 オーディオモードを「送話」に切り替えます。
カメラのスピーカを通じてアナウンスできます。その間はカメラのマイクロホンは動作停止します。
9 オーディオモードを「会話」に切り替えます。
インターホンのように動作します。音の歪みを最小限にするため、話し中はカメラのマイクロホンを消音にします。
0 強化した信号出力機能メニューに切り替えます。

強化した信号出力機能ダイアログのキーコマンド

1
オン
2
2秒間オン
3
60秒間オン
4
オフ
5
2秒間オフ
6
60秒間オフ
7
 
8
 
9
 
*
メインメニュー
0
信号出力状態
#
認識

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/