Table of Contents   MOBOTIX Online Help

MOBOTIXカメラのライブ画面

カメラに初めてアクセスすると、ライブ画面が自動的に開きます。この画面は画像の設定の変更、ソフトボタンの使用、セットアップメニューの展開、パスワードで保護されたAdminメニューへのアクセスに使用します。

ライブ画面の項目

ユーザインターフェースの項目にマウスを置くと、バブルヘルプが表示されます。項目をクリックするとその説明が表示されます。

カメラ名 ライブ画面 再生画面 マルチビュー ヘルプを開く カメラの情報 画像領域 ロゴ テキスト表示 日付表示 イベント番号とイベントシンボル アクションシンボル 画像コントロール ステータス表示 ソフトボタン ソフトボタン ズームボタン

項目の説明

タイトルバーの項目

名前 項目 説明
カメラ名
mega-lux

簡単設定設定したカメラ名がウィザードまたはイーサネットインターフェースダイアログのカメラ名フィールドに表示されます。

ヘルプを開く Back to the overview

表示している画面またはダイアログのオンラインヘルプが開きます。ヘルプトピックがない場合は、ヘルプ画面が表示されます。

カメラの情報 Back to the overview

ハードウェア、ソフトウェアおよびカメラの最も重要な設定に関する情報が表示されます。

カメラの画面

名前 項目 説明
ライブ画面 Back to the overview

ライブ画面にはMOBOTIXカメラの現在の画像が表示されます。

ドロップダウンメニューを使用するとイメージコントロール機能とカメラの管理機能にアクセスでき、セットアップメニューを開くと全部の画像とイベントコントロールのダイアログへのリンクが表示されます。

Adminメニュー(パスワード保護を適用)にはカメラの設定の全てのダイアログがあります。

再生画面 Back to the overview

再生画面はカメラの内部、または外部の画像ストレージに保存されたイベントの表示やダウンロードに使用します。

別途参照: 再生画面
マルチビュー Back to the overview

複数のカメラやイベントを1台のカメラに表示するマルチビュー画面はパターンの異なる複数のカメラを組み合わせて、個々のカメラに特別な機能(強調表示、アラームによるフォーカスなど)を割り当てるために使用します。

別途参照: マルチビュー画面
ゲスト Back to the overview

ゲスト画面ではカメラのライブ画像の表示、あらかじめ設定された範囲での画像レートの設定および画面の下部にあるMenuリンクをクリックしてライブ画面にアクセスすることができます。

別途参照: ゲスト画面
PDA画面 Back to the overview

PDA画面がカメラの現在画像を低解像度の機器に表示されます(PDAや携帯電話など)。

PDAでイベントのリストを表示したり、イベント画像をダウンロードする場合はPDAイベントリストを開きます。

別途参照: PDA画面

イメージコントロールの項目

名前 項目 説明
フレームレート Back to the overview

ライブ画面のフレームレートを選択します。

画像レートは転送パスの帯域幅、選択した解像度および使用するビデオコーデック(MxPEGまたはJPEG動画)によって大きく異なる点に注意してください。

別途参照: 最適なフレームレート
機能セクタ Back to the overview
Back to the overview

イメージコントロール機能は、ライブ画面をユーザの設定に合わせて調節するために使用します。

イメージセンサ
右、左、両方のいずれかのイメージセンサまたはピクチャ・イン・ピクチャ(RiLまたはLiR)の表示(両眼モデルのみ)を選択します。
画像のサイズ
画像のサイズ(画素)を選択します。
JPEG品質
JPEGの画質を選択します。
明るさ
画像の明るさを選択します。
逆光補正
画像の暗い部分の明度を上げるため、逆行に対する補正レベルを選択します。
色合い
色合いを選択します。
シャープネス
画像の鮮明さを選択します。
露光領域
露光制御を調節するため、あらかじめ設定された露光ウィンドウから1つ選択します。
露光補正
絞り値(F-stop)の補正を選択します(± two f/stops)。
ズーム制御
ズームレベルを選択します。2x以上のズームレベルを選択すると、現在表示している画像をデフォルトビューとして保存したり、保存したビューをロードできます。
ブラウザ
ブラウザでカメラから画像を取得する方法を選択します。
Internet Explorer: JavaScriptJavaActiveX(Windowsのみ)
Netscape/Mozilla/Firefox: サーバプッシュJavaScript
設定管理
この機能画像の工場出荷時設定の読み込み、フラッシュメモリからの画像の設定の復元、および全部の設定の保存に使用します(管理者のアクセス権が必要)。
別途参照: Internet Explorer用のMxPEGのActiveXプラグイン
ステータス表示 Back to the overview

カメラの現在のステータスが表示されます。

Back to the overview ブラック:通常の状態。
Back to the overview イエローの点滅:カメラがある状態から別の状態に切り替わります(左のイメージセンサから右のイメージセンサへの切り替えなど)。
Back to the overview グリーン:プロセスは正常に終了しています(約1秒)。
Back to the overview レッド:プロセスは正常に終了していません(約1秒)。

ソフトボタン

名前 項目 説明
ソフトボタン

画面左側のソフトボタンの多くは、userレベルのユーザが使用できる機能を実行します。

カメラに管理者としてアクセスする権限がある場合、[Shift]キーを押しながらソフトボタンをクリックすることによって既存のソフトボタンに新規の機能を割り当てることができます。

別途参照: ソフトボタンの定義
ユーザ名とパスワードの管理
ズームボタン




これらのボタンは、デジタルズームとズームした画像内の表示された領域を移動するパン機能の制御に使用します。

1xズーム
デジタルズームをオフに切り替えると、通常のカメラの表示に戻ります。この設定はセンターパンで無効になります。
2xズーム
画像の表示を2xズームレベルに切り替えます。このズームレベルは全部の画像サイズ(解像度)に使用できます。このズームレベルをオンにしてから画像内でクリックすると、画像の表示領域をフル画像の範囲で移動できます。
4xズーム
画像の表示を4xズームレベルに切り替えます。このズームレベルは1280x960を除く全部の画像サイズに使用できます。
センターパン
2x以上のズームレベルを有効にすると、画像の表示領域をフル画像の中心に移動できます。
デフォルトビューの設定
現在の画像領域とズームレベルをデフォルトビューに設定します。露光ウィンドウを使用して露光を制御する場合、このウィンドウの現在の位置も保存されます。
デフォルトビューの読み込み
デフォルトビューの設定ボタンを使用して保存した画像領域とズームレベルがロードされます。
注意: 次回の起動時にデフォルトビューの設定で保存したデフォルトビューと露光ウィンドウをロードする場合は、現在の設定をフラッシュメモリに保存してください。
別途参照: 一般画像設定
最適なフレームレート

画像領域

名前 項目 説明
画像領域 Back to the overview

画像領域にはライブ画像のほかにロゴ、テキスト、カメラのシンボルが表示されます。さらに、以下のオプションを選択できます。

ロゴ Back to the overview

画像ファイルの管理ロゴ定義および画像のプロファイルの作成のための機能では、カメラに保存された画像ファイルや他のURLの画像ファイルを透明な領域や透かし模様のあるロゴとしてカメラの全画像に使用できます。複数のロゴを使用すると、指定した間隔でロゴをバナーとして表示できます。

タイムテーブルを使用すると、時間を指定してロゴを有効/無効にすることができます。

テキスト表示
WWW.MOBOTIX.COM

テキストと表示設定ダイアログを開くと、画像領域の左最上部に表示されたテキストを変更できます。

変数およびダイナミック画像テキスト用のプレースホルダーを使用すると、例えば、現在のカメラ内の温度やシリアルインターフェースを経由して全部の画像で受信したテキストなどを表示できます。

日付表示
2004-05-01 CEST 10:01:22

テキストと表示設定ダイアログを開くと、画像領域の右最上部に表示されたデータと時間情報を変更できます。

イベントシンボル
000807 PI VM UC

テキストと表示設定ダイアログを開くと、画像領域の最下部に表示されたシンボルを変更できます。

画像領域の左下にあるイベントシンボル には、イベント番号(この場合000807)および記録時の有効なセンサが表示されます。この画像のPI(PIRセンサ)、VM(ビデオモーション)およびUC(ユーザクリック)は有効になっています。

イベントが発生すると、該当するシンボルがレッド(VMなど)で表示されます。

アクションシンボル
REC FS

テキストと表示設定ダイアログを開くと、画像領域の最下部に表示されたイベントシンボルを変更できます。

画像領域の右最下部に表示されたイエローのシンボルには、カメラで有効になっている全部のアクションが表示されます。この場合、ST(ストレージ)およびREC(ファイルサーバストレージ)が有効になっています。

1つのイベントが実行されると、ブルー(STなど)で表示され、失敗したアクションはレッド(FSなど)で表示されます。

メッセージ送信 > Enable Message Profileオフにするか、タイムテーブルでメッセージを無効にするとグレー(EMなど)で表示されます。

イベント共通設定 > 動作待機タイムテーブルプロファイルが選択されている場合、カメラを有効または無効にするにはoffを表示したアクションシンボルに追加します。

注意: 一般イベント> 動作待機オフに設定されている場合、イベント/アクションシンボルおよびエラーメッセージは画像に表示されません

アクションが失敗すると、エラーメッセージがシンボルの上に表示されます。テキストと表示設定ダイアログを開いて、画像のエラーメッセージを無効にします。

別途参照: MOBOTIXカメラで使用される略語

Internet Explorer用のMxPEGのActiveXプラグイン

Windowsコンピュータ(Windows 2000以上)でInternet Explorer(バージョン5.5以上)を使用している場合、MxPEGのActiveXプラグインでライブのカメラ画像を表示できます。このプラグインではMxPEGとブラウザベースのユーザインターフェース、それぞれの利点を統合できます。

注意: 画像の動きが速い場合、MxPEGを有効にしていると画像内にタイルが表示されます。画質を向上させるには、MxPEGを無効にします。詳細は、High Resolution and Qualityで説明しています。
別途参照: MxControlCenter

MxPEGのActiveXプラグインの使用に関する必要条件

MxPEGのActiveXプラグインを使用する場合、以下の条件が全て満たされていることを確認してください。

MxPEGのActiveXプラグインのインストールと実行

以下の手順に従います。

  1. Internet Explorerを起動して、MOBOTIXカメラのアドレスを入力します(ソフトウェアのバージョン2.0以上)。
  2. イメージコントロールを開いて、ブラウザオプションのActiveXを選択します。
  3. 署名済みのActiveXプラグインをインストールするかどうかをたずねるプロンプトが表示されたら、OKをクリックしてプラグインをインストールします。
  4. ユーザインターフェースのMxPEG onボタンをクリックするか、JPEG設定ダイアログでMxPEGを有効にして、利点の多いMxPEGエンコードのビデオを使用します。

注意:

MxPEGのActiveXプラグインのオプション

MxPEGのActiveXプラグインをインストールする場合、画像を右クリックするとコンテクストメニューが表示され、以下のオプションを選択できます。

オプション 設定値 説明
デジタルズーム 1x / 2x / 4x
センターパン
デフォルトビューの設定
デフォルトビューの読み込み

これらのオプションは、デジタルズームとズームした画像内の表示領域を移動するパン機能の制御に使用します。機能的にはズームボタンと同じです。

スケール画像 0.5x / 1x / 2x ActiveXプラグインの画像のサイズを変更します。
オーディオ機能 -

このオプションを有効にすると、カメラのオーディオチャネルを聞くことができます。

カメラのマイクロホンが無効の場合はエラーメッセージで通知されます。その場合は、スピーカとマイクロホンダイアログを開いてマイクロホンを有効にします。

アクセスレベルの変更 -

ActiveXプラグインからカメラへアクセスする場合のアクセスレベルを変更します。userアクセスはActiveXプラグインの全部の機能を使用でき、guestはオーディオ機能とズーム制御が制限されています。

パスワードはuserあるいはguestレベルに割り当てられ、カメラにアクセスする場合、プラグインで再度ログインIDが認証されます。この認証はセキュリティ上の理由から必要とされ、回避することはできません。

MxPEGのActiveXについて - MxPEGのActiveXプラグインのバージョンに関する情報が表示されます。

最適なフレームレート

カメラの使用方法(データ接続の帯域幅など)によって、フレームレートの条件は大きく異なります。

高速画像

高速画像が要求されるセキュリティに使用する場合、Windowsコンピュータ(Windows 2000以上)のInternet Explorer(バージョン5.5以上)でMxPEGのActiveXプラグインまたはMxPEG Viewerを使用してライブのカメラ画像が表示されます。さらに、カメラ画像の転送に十分な帯域幅のあるデータリンクが必要です。

以下のパラメータと数値を設定します。

高解像度と高画質

フレームレートが重要でない用途では、画質を重視して設定できます。


システム設定の保存

ライブ画面の制御機能を使用してカメラの設定を変更した場合、その設定は自動的に永久保存されないため、次回カメラを起動したときには使用できません。管理者のアクセス権がある場合は、現在の設定をフラッシュメモリに保存してください。

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/