Table of Contents   MOBOTIX Online Help

マルチビュー画面

マルチビュー画面ダイアログを開いて、複数のカメラとイベント表示用のマルチビュー画面゙の設定を行います。

ダイアログには画面カメラ新画面のタブがあります。


画面

画面タフに゙は設定されたマルチビュー画面の概要が表示されます。このタブでは、マルチビュー画面を開いた時にカメラに表示されるデフォルト画面の選択や前に設定したマルチビューの削除が行えます。


設定の保存

カメラを再起動する前に、Setボタンをクリックして設定内容を有効にして保存します。

Closeボタンをクリックしてダイアログを閉じます。ダイアログを閉じている間、システムは設定値全体について変更部分をチェックします。変更部分が検出されると、システム設定値全体を永久保存するか聞いてきます。


カメラ

マルチビュー画面でカメラを選択する前に、カメラを特定しておくことが必要です。カメラの特定は、カメラタブ上でカメラを入力するか、このカメラに同じサブネット上の全カメラを自動的に検索させる方法があります。リストにカメラを追加するには設定ボタンをクリックします。

表示オプション

1個または複数のカメラを選択し、カメラに対して表示オプションを設定します。これらのオプションはカメラが選ばれたらすぐに起動します。

オプション 説明
選択したカメラ画像のインライン表示 選択したカメラの160×120画像がタブ上に表示されます。
カメラ画像の非表示 カメラの画像は表示されません。

アクション

1個または複数のカメラを選択しアクションを実行させます。リストからアクションを選択し、OKボタンをクリックする。

まだカメラを設定していない時は、以下のアクションの一つを選ぶことができます。

アクション 説明
新しいカメラの追加 このテキストボックス内のリストに追加するカメラのIPアドレスを入力して下さい。
サブネット上の新しいカメラの検索

MOBOTIXカメラのサブネットが検索され、カメラのリストが表示されます。

リストにカメラを一時的に保存するにはSetボタンをクリックします。


カメラがリストに登録されると、以下のアクションができるようになります:

アクション 説明
選択したカメラの情報を取得 ソフトウェアバージョン、RAMや選んだカメラの機能が取り出され、表示されます。
選択したカメラのホスト名の変更 新しいカメラ名を入力するために、テキストボックスが選ばれたカメラ用に表示されます。
選択したカメラの削除 選んだカメラはカメラリストから削除されます。
選択したカメラのシステム設定ファイルのコピー

ローカルカメラのシステム設定値を他のカメラにコピーするにはこのオプションを選びます。OKボタンをクリックして新ダイアログを開きます。コピーしたいシステム設定値のセクションを選ぶことができます。認証手続きについては、ローカルに配置したカメラに対して現在の認証トークンを使用するオプションを選ぶか、または相手側カメラのユーザ名とパスワードを入力する方法があります。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。

注意:

新画面

新しいマルチビュー画面の設定には新画面タブを使います。

画面レイアウトを選び、固有の名前を付けます。

さらに、以下のオプションを起動することができます。

オプション 説明
デフォルト設定 マルチビュー画面゙を開くと新しい画面が表示されます。
Add softbutton この画面の名前のついたソフトボタンをマルチビュー画面の既存のソフトボタンに追加します。

設定の保存

カメラを再起動するまえに、新規画面の作成ボタンをクリックして設定内容を有効にして保存します。

ダイアログの下部に確認内容が表示されます。システム設定値全体を永久保存するために、Storeをクリックします。


マルチビュー画面の画像領域の設定

マルチビュー'マルチビュー'ボタンボタンをクリックしてマルチビュー画面゙を表示します。

画像領域にカメラを表示するには、[Shift]キーを押したまま、選んだ画像領域でマウスクリックします。

マルチビュー画面ダイアログが表示されます。以下に示す2つの部分に分かれています。


画像領域の設定

注意: まだカメラを指定していない場合は、マルチビュー画面>カメラ(タブ)を開き、新しいカメラを追加するか、カメラを使ってサブネット上の追加カメラを探してください。

パラメータ 説明
カメラ

リストからカメラを選びます。

オンアラーム:

アラームでトリガするアクションを選びます:

オフ カメラは何もアクションを起こしません。
ハイライト表示 アラーム発生時、画像領域は色を使ってハイライト表示されます。
メッセージ アラーム発生時、どのカメラがアラームを発生させたか新しいウィンドウで通知されます。
ハイライト表示とメッセージ ハイライト表示メッセージアクションを組み合わせます。
フォーカス この設定では、通常は小さな画像領域にカメラ画像を表示しており、アラーム発生時にはメイン画面に表示します。フォーカスはメイン画像用に選ばれることに注意して下さい。
ハイライト表示とフォーカス ハイライト表示フォーカスアクションを組み合わせます。
メッセージとフォーカス メッセージフォーカスアクションを組み合わせます。
ハイライト表示とメッセージとフォーカス ハイライト表示メッセージフォーカスアクションの組み合わせです。

どのアクションを選択しても、オートズーム設定はいつも起動できます。画像領域上にマウスを移動させると、画像は拡大されます。

オンクリック

カメラ画像をクリックしたときにトリガされるアクションを選びます。

ライブ画面を表示 ライブ画面を表示します。
再生画面を表示 Player画面゙を表示します。
リモートソフトボタン

このオプションでは該当する画像領域をクリックすると、ソフトボタン機能が実行されます。この機能を使用して、緊急時対応リストまたはウェブサーバ上のその他のHTMLページなどを開くことができます。

ソフトボタンドロップダウンリストで、画像領域をクリックすると実行されるソフトボタン機能を選択します。

ソフトボタンのリストからソフトボタンの全表示オプションを選ぶと、画像をクリックしたときに小さなリモートソフトボタンドロップダウンリストが開きます。リストからソフトボタンを選択し、OKをクリックします。リストを閉じるには、画像を再度クリックします。

注意:

  • 画像領域の1つがフォーカス領域に指定されている場合、リモートソフトボタンは機能しません。
  • ソフトボタンの設定ダイアログを開いて、新規のソフトボタンの作成または既存の機能の編集を行います。

表示モードの選択

オプション 説明
ライブ画像(速い)

デフォルト画像として設定したカメラ画像が表示されます。

更新レートを選んで設定するには、リフレッシュパラメータを手順に沿って変更します。

特殊表示(遅い)

ライブ画像といったものでなく、別の画像を表示したい場合にこのオプションを選びます。この表示モードはライブ画像(速い)モードよりゆっくりしています。

リフレッシュパラメータを設定し、センサのパラメータとしてカメラのレンズを選びます。

注意: このオプションはWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
イベント

このオプションを選ぶと、最新のイベント画像が画像領域に表示されます。

番号0は最新のイベント画像です。

フォーカス

フォーカス画像領域は画面上の全画像をローテーション表示します。

カメラ画像が左側の小さい画像領域(320X240画素)に表示される一方、フォーカス画像領域は640×480画素の大きさです。

フォーカス期間パラメータを選んで、必要な表示期間を設定します。

画像のURL

このオプションを使って、有効なURLを呼び出し、画像を表示することが可能です。 この方法は、URLを使ってアクセスできるネットワークカメラからの画像を表示するには良い方法です。

このパラメータとして、リフレッシュURLがあります。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/