Table of Contents   MOBOTIX Online Help

電子メールのプロフィール

Eメールプロフィールダイアログを開き、Eメールで自動的に画像を送るためのプロフィールを作成・管理します。

Eメールで画像送信するためには、タイムタスクメッセージ送信ダイアログで選ぶことのできる、少なくとも1個のプロフィールを作っておくことが必要です。


Eメール送信にMOBOTIXカメラを使用

MOBOTIXカメラは受信者への報告(特別な区域への無断侵入など)用に、Eメールで画像を送ることができます。

Eメールプロフィールは1個または複数個、設定できます。全てのEメールプロフィールには必要な全ての情報が含まれ、1つのEメールアドレスに送信されます。転送動作は タイムタスク 画面で定義されたタスクによって起動されたり、メッセージ送信 画面で定義されたイベントによって起動されます。

テキスト入力およびあらかじめ設定された変数の使用が可能です(件名におけるダイナミックテキストの例参照)。


グローバルオプションとプロフィールオプション

このダイアログには、すべてのプロフィールで使用できるグローバルオプションと各プロフィールでのみ有効なプロフィールオプションがあります。

頻繁に使用するパラメータの入力にはグローバルオプションを使用することをお勧めします(SMTPサーバ認証方法ユーザ名およびパスワード)。グローバル値に使用するプロフィールのフィールドは空欄にします。

プロフィールとオプション

注意: プロフィールの全部のオプションを表示するにはMoreボタンをクリックしてください。

個々のプロフィールについて、Eメールプロフィール 画面で以下のパラメータを設定します。

オプション 説明
Mail Profile n

他と重複しないプロフィール名を入力します。

タイムタスクメッセージ送信 画面で、時間あるいはイベントによるEメール送信を行うために、この画面で適宜下プロフィールを選ぶことができます。

宛先アドレス

Eメールを届ける送信先のアドレスを入力します。

例:myname@myaddress.com

送信元アドレス:

送信者(有効な)アドレスを入力します。そうしないと、Eメールは送信されません。

例:myname@mycompany.com

返信アドレス エラーが生じた時、Eメールはこのアドレスに送信されます。通常、管理者のアドレスか、カメラユーザのアドレスを入力します。
件名テキスト このテキストはEメールの件名に表示されます。このオプションの使用方法に関する例は、ヘルプ画面の件名におけるダイナミックテキストの例を参照してください。
bodyテキスト このテキストはEメールのテキスト領域に表示されます。変数プレースホルダを含むダイナミックテキストも使用できます。
Eメールアタッチメント

転送するデータ形式を選択します。

Eメールアタッチメント
画像プロフィールからの画像

全部のFTPプロフィールについて、現在表示されている画像フォーマットとは別に、特別な画像フォーマットを使用できます。フォーマットはカメラに画像プロフィールとして保存されます。

画像のプロフィールダイアログで設定した画像プロフィールを1つ選択します。

注意:

カメラでMxPEGを有効にすると、画像プロフィールから画像を使用している場合、画像レートは10秒間減少します。

Eメールアタッチメント:
MxPEG またはPEGのクリップ

画像ファイルのファイルフォーマットを選びます。

  • MxPEGクリップファイル:オーディオ付きのMxPEGクリップで画像データを転送します。
  • JPEGファイルとしてクリップ:JPEGファイルで画像データを転送します。

クリップフレームレートおよびイベントの前後に含める時間を指定します(までの時間および後の時間)。

注意: これらのボックスで指定したフレームレートはさまざまな要因(イベント時のプロセッサの負荷など)に左右されるため、指定したフレームレートを下回る場合もあります。
Eメールアタッチメント:
システムメッセージ

System message Scopeを設定して、指定した範囲のシステムメッセージを挿入します(HttpPostSysMsg24のプロフィール例参照)。

認証方法

認証手続きには以下のものが用意されています。

  • 認証手続きなし
  • SMTPサーバでのユーザ名とパスワードを使ったSMTPログイン
  • 送信前のPOP3サーバによる認証
SMTPサーバ

EメールサーバのIPアドレスまたは名前。契約しているインターネットプロバイダ、またはネットワーク管理者から情報入手して下さい。

以下の条件が全て満たされていることを確認して下さい。

  • イーサネットインターフェース、とゲートウェイは特に正確に設定されていること。
  • シンボル名(例:smtp.mycompany.com)を使用するときは、DNSサーバイーサネットインターフェースダイアログで定義しなければなりません
  • LANのファイアウォールはカメラがEメールを送信できるように設定されていなければなりません。
POP3サーバ POP before SMTP認証方法のパラメータを設定した場合、ここで各POP3サーバを入力する必要があります。
ユーザ名

SMTPサーバにログインするためのユーザ名を入力します。

ユーザ名はインターネットプロバイダあるいは、システム管理者によって与えられます。

パスワード

SMTPサーバにログインするためのユーザ名を入力します。

パスワードはインターネットプロバイダあるいは、システム管理者によって与えられます。

プロフィールの削除

プロフィールを削除するには、プロフィールの右上のあるDeleteオプションをチェックします。プロフィールは画面下部のSetボタンをクリックするとすぐに削除されます。

作製したプロフィールの保存

Setボタンをクリックして作製したプロフィールをチェックします。プロフィールが違っていたり入力ミスがあれば、すぐに修正するか正しく入力してください。エラーが検出されると、プロフィールは一時的に保存されます。

注意:


件名におけるダイナミックテキストの例

変数およびプレースホルダを使用して、送信するEメールに情報を動的に統合できます。

シナリオ 1 プロバイダまたはDHCPサーバによって割り当てられたカメラのダイナミックIPアドレスを件名に含めて送信する場合
件名の定義 $(id.nam):Event=$(fpr.eno) IP=$(ID.ET0)
説明
$(id.nam) カメラ名
$(fpr.eno) イベント番号
$(ID.ET0) カメラがDHCPサーバから取得したIPアドレス

 

シナリオ 2 屋外の設定で、信号入力(外部センサ)の状態をEメールの件名に表示する場合
件名の定義 $(id.nam):Internal PIR=$(SEN.PIR)% Signal Input=$(SEN.SIN)
説明
$(id.nam) カメラ名
$(SEN.PIR) 内部PIRセンサの信号レベル(単位:%)
$(SEN.SIN) 信号入力の状態

Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/