Table of Contents   MOBOTIX Online Help

ISDNデータ接続:ダイヤル着信接続

ISDNデータ接続ダイアログのダイヤル着信接続タブでは、ISDNルータまたはISDNカードを使用したコンピュータのいずれかを経由したカメラでのダイヤル着信とその方法を設定します。

ダイヤル発信のISDN接続を管理するには、ダイヤル発信接続タブをクリックします。ダイヤル発信のパラメータ(ダイヤル休止時間、発信制限)はダイヤル発信パラメータタブで設定します。

共通パラメータ

パラメータ 説明
ISDNダイヤル着信 このオプションでは、ISDN経由でのダイヤル着信を使用可または使用不可にします。ダイヤル着信が使用不可の場合、定義済みの設定は保存されます。
自動再起動(通信完了時)

このオプション機能を起動すると、カメラは回線接続断の後、再起動します。

この機能はイーサネットのインターフェース経由でネットワーク接続している場合、または、短時間で多数のISDN接続が予想される場合は使用しないことを推奨します。

出荷時設定ではこの機能は無効になっています。

カメラのMSN

MSN(MultipleSubscriberNumber)はカメラを呼び出すための電話番号です。出荷時設定値では、カメラはISDNポートで着信した全部のMSNに応答します。

カメラに対し、応答させたいMSNを設定してください。

  • カメラはISDNポートで着信した有効なMSNの全部に応答する場合はこのフィールドは空のままにします。
  • カメラに割り付けたいISDNポートのMSNを入力して下さい。NTユニットに直接カメラを接続するときは、MSNをプレフィクス無しで入力すること。
注意: MSNを正しく設定する最も簡便な方法は、カメラを呼び出してダイヤル着信タブをリロードすることです。その後、該当するMSNのあるボタンをクリックして設定します。
着信許可番号

許可した電話番号からの着信のみにカメラが応答するよう設定します。

許可した電話番号のリストを作るには、テキストボックスで1行に1つずつ番号を入力します。

注意: 送信中に電話番号が切り捨てられたり変更されたりすることがあります。発信元が正しい電話番号であるか簡単に確認するため、ISNDバスで検出された最後の発信元デバイスのMSNが表示されます。コンピュータまたはルータでダイヤル着信するには、該当するデバイスからカメラを呼び出し、ダイヤル着信接続タブをリロードします。その後、該当するMSNのあるボタンをクリックして設定します。

このリストを空にしていると、カメラはすべての呼び出しに応答します。

カメラ IPアドレス

カメラはこのIPアドレスを使ってISDNダイヤル着信接続します。ネットワークインターフェースのIPアドレスから変わることが可能です。ISDNのIPアドレスは正しい理由によってのみ変更することを推奨します。

出荷時設定では、ISDNのIPアドレスはネットワークインターフェースのIPアドレスに一致しています。

発信者のIPアドレス このIPアドレスはISDN経由でカメラにダイヤル接続してくるコンピュータに割り当てられます。通常、発信者のIPアドレスはカメラで自動的に2ずつ増やされるので入力する必要はありません。

IPアドレスを入力する場合は、そのアドレスがローカルネットワークの他のデバイスで使われていないことを確認して下さい。発信元のIPアドレスはカメラのIPアドレス違っていなければなりません。

アイドルタイム 通話料金を最小限にするために、カメラはデータ通信がここで定めた期間中に無ければ、回線接続を断にする事ができます。
認証手続 常に相互認証するよう推奨します。ほとんどのコンピュータは両方の手順が使えます。PAP以外にCHAPはユーザ名やパスワード情報を暗号化して転送します。
注意: なしを選択すると、認証手続きなしでカメラにダイヤル着信する可能性があります。セキュリティ上、この方法は推奨しません!
カメラへのログイン

カメラにログインするには、ユーザ名パスイワードの入力が必要です。

注意: 出荷時設定のユーザ名とパスワードをあなたのユーザ名とパスワードで置き換えることを推奨します。

ルーティング

パラメータ 説明
デフォルトルート ISDNダイヤル着信を有効にすると、このダイアログボックスの接続をデフォルトルートに設定できます(未設定の場合)。

追加のルートを設定するには、ルーティングダイアログを開きます。詳細は、ルーティングのヘルプ画面を参照してください。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

 In order to enable these settings, you need to store the configuration and reboot the camera!

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/