Table of Contents   MOBOTIX Online Help

露光設定

露光設定ダイアログを開いてカメラの露光設定を調節し、現在の照明状態に最適になるようにします。

MOBOTIXカメラはいくつかの自動機能が装備されており、様々な天候や照明条件に合わせて最良の画像が得られるようになっています。通常、極端な条件でないと露光設定をマニュアル調整することはありません。

マニュアル調節するときは、常に工場出荷時設定値から始めてください。

注意:


パラメータの説明

自動コントラスト 様々な照明条件下でコントラストの良い画像を得るために、この設定は常に自動にしておくことをお勧めします。
明るさ

明るさのパラメータを変更すると、画面全体に影響します。

注意:

  • 最初に露光ウィンドウを設定します(以下参照)。通常はこれで良い画像が得られます。
  • 露光ウィンドウの設定で、ちょうど良い画像が得られない場合、明るさパラメータで微調整することがあります。
  • 大きな値を選んだ場合、大きすぎる値は明るい部分が露光過多になります。
逆光補正

このパラメータも画像の明るさを調節するために使用します。これは、画像の暗い部分に効果を及ぼすだけです。

注意:

  • 最初に露光ウィンドウを設定します(以下参照)。通常はこれで良い画像露出が得られます。
  • 露光ウィンドウの設定で、ちょうど良い画像が得られない場合、明るさパラメータで微調整することがあります。
夜用の調節

この設定は、暗いシーンやコントラストの弱いシーンのコントラストを改善します。JPEG設定ダイアログでMxPEGを有効にすると、自動デフォルト設定では夜用の調節のみが使用されます。

注意: このパラメータを使うと、画像ノイズが増加する場合があります。
レンズFナンバ 絞り値の数値(F-stop)を選択して、カメラの露光を修正します。
露光ウィンドウ

露光ウィンドウは露光と色調節に使用する画像領域を設定するものです。露光ウィンドウ設定を容易にするために、前もって用意されたいくつかの露光ウィンドウから選べるようになっています。

注意:

  • 両眼カメラの場合は、個々のレンズで異なる露光ウィンドウを設定できます。
  • また、露光ウィンドウはホワイトバランスをとるためにも使用します。

露光ウィンドウのプリセット値:

全体 露光を調整するため、画像全体を使用します。
4分割 表示可能な画像領域の4分の1を占める画像中央の露光ウィンドウ。
センタ 220×160画素サイズの画面中央の露光ウィンドウ。
スポット 90×65画素サイズの画面中央の露光ウィンドウ。
トップ 570×234画素サイズの画面上部の露光ウィンドウ。
570×234画素サイズの画面中央の露光ウィンドウ。
ボトム 570×234画素サイズの画面下部の露光ウィンドウ。
210×410画素サイズの画面右部分の露光ウィンドウ。
210×410画素サイズの画面中央の露光ウィンドウ。
210×410画素サイズの画面左部分の露光ウィンドウ。
右&左 155×410画素の画面左側と右側部分に個々にある2つの露光ウィドウ。
エキストラ 露光ウィンドウをシステム設定ファイル中にカスタム設定する場合にこの値を選択します。
露光感度配分

このパラメータを使用すると、露光ウィンドウと残りのウィンドウに対し、露光調節への貢献度を設定できます。
設定値:全体.. 0% .. 100%

工場出荷時設定値は100%で、露光ウィンドウだけを露光調節に使用します。

ホワイトバランス感度配分

このパラメータを使用すると、露光ウィンドウと残りのウィンドウに対し、ホワイトバランスへの貢献度を設定できます。
設定値:全体.. 0% .. 100%

工場出荷時設定値は全体で、画像全体をホワイトバランス調整に使用します。

平均の明るさ

このパラメータは、露光ウィンドウ内の画像の平均の明るさに影響を与えます。値が大きすぎると露光時間に影響を与えるので注意してください。
工場出荷時設定値は40%

ウィンドウを表示します。

オン:露光ウィンドウをグリーン枠で表示します。

他のオプション(枠内ヒストグラム(処理前)枠外ヒストグラム(処理前)など)では特定の画像処理機能のパラメータのあるヒストグラムが追加表示されます。

最大露光時間 最大露光時間を秒単位で設定します。
最小露光時間 最小露光時間を秒単位で設定します。
電源周波数

このパラメータはカメラを使用する地域の商用電源周波数を設定します。

ヨーロッパでの工場出荷時設定値は50Hz。カナダ、USA、日本(西日本)では60Hzに設定します。

注意: ダイアログの下の部分に、現在の露光設定内容が表示されています。

Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/