Table of Contents   MOBOTIX Online Help

FTPのプロフィール

FTPプロフィール画面で、FTPサーバに画像をアップロードするためのプロフィールを作製、管理します。

タイムタスクアクション画面で、FTPで画像送信するためには、少なくとも1個のプロフィールを作っておくことが必要です。

FTPとは?

FTP (File Transfer Protocol) はコンピュータ間でデータ交換するためのインターネット通信手順です。このプロトコルはHTMLページや画像をインターネットプロバイダのサーバにアップロードするためによく使われます。

MOBOTIXカメラをFTP転送に使う

MOBOTIXカメラは画像をFTPでサーバに送れます。そして、例えばあなたのホームページはいつも最新の画像を表示します。この場合、カメラは送信側(FTPクライアント)となり、相手コンピュータは受信側(FTPサーバ)として動作します。

FTPプロフィールは1個または複数個、設定できます。すべてのFTPプロフィールには、FTP送信の全体的な情報が含まれています。転送動作は タイムタスク 画面で定義されたタスクによって起動されたり、アクション 画面で定義するイベントによって起動されます。


グローバルオプションとプロフィールオプション

このダイアログには、すべてのプロフィールで使用できるグローバルオプションと各プロフィールでのみ有効なプロフィールオプションがあります。

頻繁に使用するパラメータの入力にはグローバルオプションを使用することをお勧めします(FTPサーバユーザ名パスワードおよび接続など)。グローバルなFTPサーバを使用するプロフィールでは、各フィールドは空欄にします。

プロフィールとオプション

注意:
  • プロフィールの全部のオプションを表示するにはMoreボタンをクリックしてください。
  • プロフィール名の下の1行目には現在の転送先ファイルが表示されます。必要な変更を終えたら、画面下部の Set ボタンをクリックして、プロフィールの入力を更新します。

個々のプロフィールについて、FTPプロフィール 画面で以下のパラメータを設定する:

パラメータ 説明
FTPプロフィール n

他と重複しないプロフィール名を入力します。

タイムタスクアクション 画面で、時間あるいはイベントによるファイル転送を行うために、作製済みのプロフィールを選ぶことができます。

現在の転送先

ここには、ディレクトリ名ファイル名およびイベントディレクトリのフィールドの現在値を使用して作成した転送先ファイルが表示されます。

注意: 必要な変更を終えたら、画面下部の Set ボタンをクリックして、現在の転送先ファイルを更新します。
ディレクトリ名

画像を保存するFTPサーバのディレクトリ名を入力します。

FTPサーバ上で使用可能な名前であり、アクセスできる名前であること。まだ指定するディレクトリが存在しなければ、FTP送信中につくられます。変数 (出荷時設定値の場合のように)を使う場合、対応する名前のディレクトリがつくられます。

この部分を空欄にすると、画像はFTPサーバの rootレベル("/")のディレクトリに保存されます。あなたが入力したユーザは、ファイルの保存とディレクトリの作製に必要なアクセス権限を持っていることを確かめてください。

注意: ディレクトリ名の前にスラッシュ("/")を入力しないでください
ファイル名

保存画像のファイル名 (例:my_image.jpg) を入力する。

FTPサーバ側で受付けられる名前を使えます。変数 (出荷時設定値の場合のように)を使う場合、対応する名前のディレクトリがつくられます。

ファイル形式

転送するデータ形式を選択します。

ファイル形式:
画像プロフィールからの画像

全部のFTPプロフィールについて、現在表示されている画像フォーマットとは別に、特別な画像フォーマットを使用できます。フォーマットはカメラに画像プロフィールとして保存されます。

画像のプロフィールダイアログで設定した画像プロフィールを1つ選択します。

注意:

カメラでMxPEGを有効にすると、画像プロフィールから画像を使用している場合、画像レートは10秒間減少します。

ファイル形式:
MxPEG またはPEGのクリップ

画像ファイルのファイルフォーマットを選びます。

  • MxPEGクリップファイル:オーディオ付きのMxPEGクリップで画像データを転送します。
  • JPEGファイルとしてクリップ:JPEGファイルで画像データを転送します。

クリップフレームレートおよびイベントの前後に含める時間を指定します(までの時間および後の時間)。

注意: これらのボックスで指定したフレームレートはさまざまな要因(イベント時のプロセッサの負荷など)に左右されるため、指定したフレームレートを下回る場合もあります。
一時的な名前

このオプションが動作すると、FTP送信中には一時ファイルに画像が格納されます。画像には送信完了時に名前が付け直されます。

このオプションを有効にすると、画像送信が完了しなかったことによる不完全な画像や空のフレーム、エラーメッセージは閲覧者に対して表示されません。

イベントディレクトリ

イベント毎に、そしてその履歴画像用に、個別にサブディレクトリをつくりたい場合にこの機能を使います。

FTPサーバ

FTPサーバ(受信者)のIPアドレスまたは、名前を入力します。例:

IPアドレス: 123.123.123.123
コンピュータ名: ftp.myftpserver.com

シンボル名称を使用する場合、少なくともDNSサーバが イーサネット インターフェース 画面で設定されており、カメラがサーバのIPアドレスを得られるようになっていること。

ユーザ名

FTPサーバにログインするためのユーザ名を入力する。

ユーザ名はインターネットプロバイダあるいは、システム管理者によって与えられます。

パスワード

FTPサーバにログインするためのユーザ名を入力する。

パスワードはインターネットプロバイダあるいは、システム管理者によって与えられます。

接続

プロフィールの出荷時設定を使用しない場合、ここでアクティブFTP(カメラとFTPサーバの間にファイアウォールまたはルータが配置されている場合)またはパッシブFTPを選択します。

FTPサーバがどちらの機能をサポートしているか分からない場合、この設定は変更しないこと。

プロフィールの削除

プロフィールを削除するには、プロフィールの右上のあるDeleteオプションをチェックします。プロフィールは画面下部のSetボタンをクリックするとすぐに削除されます。

作製したプロフィールの保存

Setボタンをクリックして作製したプロフィールをチェックします。プロフィールが違っていたり入力ミスがあれば、すぐに修正するか正しく入力してください。エラーが検出されると、プロフィールは一時的に保存されます。

Closeボタンをクリックしてダイアログを閉じます。ダイアログを閉じている間、システムは設定値全体について変更部分をチェックします。変更部分が検出されると、システム設定値全体を永久保存するか聞いてきます。

注意:

ディレクトリとファイル名の変数とプレースホルダ

固有のディレクトリやファイル名を作成するには、変数またはプレースホルダを使用します。毎日の履歴を残す場合などに、変数やプレースホルダは便利です。

次のリストには、変数の例を記載しています。ダイナミックテキストの詳細は変数およびプレースホルダのヘルプ画面をご覧ください。

変数 説明
$(TEXT.FTPDIR) MOBOTIXが指定するディレクトリ

プレースホルダーは以下のパターンに従った独特のディレクトリ構造をとります。

   cameraname/YYYY/MM/DD/hh/

カメラ名 カメラ名イーサネット インターフェース 画面でまたはDHCPで定義したもの。
YYYY 年、4桁
MM 月、2桁(0が先行)
TT 日、2桁(0が先行)
hh 時間、2桁(0が先行)
$(TEXT.FTPFILE)

MOBOTIXが指定するファイル名

プレースホルダーは以下のパターンに従った独特のファイル名になります。

   mYYMMDDhhmmssmmm

m 文字 "m"
YY 年、2桁(0が先行)
MM 月、2桁(0が先行)
TT 日、2桁(0が先行)
hh 時間、2桁(0が先行)
mm 分、2桁(0が先行)
ss 秒、2桁(0が先行)
mmm ミリ秒、3桁(0が先行)

カメラで有効なファイル名を生成するため、必ずファイル名に拡張子.jpgを追加してください。$(TEXT.FTPFILE).jpg.


注意:


ダイナミック ディレクトリ と ファイル名 作製の補足

上に示したプレースホルダーとは別に、変数の使用も可能です。

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/