Table of Contents   MOBOTIX Online Help

イベント設定

イベント設定ダイアログにはカメラのアクションをトリガする全てのイベントがあります。

注意:

アラームの誤報の防止

イベントロジック

イベントをフィルタするために、カメラにはイベントロジックが備わっています。リンクしたイベントが一定のシーケンスおよび特定の時間枠内で発生する場合のみ、このダイアログでリンクしているイベントはロジックイベントを作成できます。

イベントカウンタ

イベントをフィルタする方法にはイベントカウンタを使用する方法があります。イベントの一定数が特定の時間枠に発生する場合のみ、イベントを作成します。


共通設定

オプション 説明
イベントデッドタイム

イベントデッドタイムはイベントが発生してから一定時間(0〜3600 s)新しいイベントを無視します。

イベントデッドタイムを設定すると、例えば、人が画像検出領域を行き来して多数のイベントを発生させるようなことを防止できます。

注意: イベントデッドタイム中は画像保存しません。イベントカウンタは増加せずアクションもメッセージ送信もしません。

イベントセンサの説明

イベントセンサ 説明
パッシブ型赤外検出器

パッシブ型赤外検出器は検出領域内で熱を持った移動物体を見つけます。センサの検知距離はおよそ10m(34ft)、視野角±15°です。

イベント検出用にトリガレベルを設定します。

テキストと表示設定画面でレベルメータを選択し、PIR 検出器を信号源にします。レベルメータはアプリケーションに合わせ、最適なトリガレベルの設定に役立ちます。

ビデオモーション領域(VM/VM2)

ビデオモーションセンサは指定した領域(ビデオモーションウィンドウ)での画像変化に反応します。個々のカメラレンズに対して個別に複数のビデオモーションウィンドウを設定できます。

カメラは互いに個別に設定できる2種類のビデオモーション検出器を装備しています。VMおよびVM2。これはモーションの方向を検出するために用いられます。例えば(イベントロジックヘルプページを参照)。

左側のイメージセンサに設定したビデオモーションウィンドウは、あなたが右側のレンズを通した画像だけ見ている場合でも、動作中です。画像が見えていなくても、センサはイベントを検出します。

設定ボックス内の各行(例 0,270,190,100,100,2)はウィンドウ1個分を表します。画像の座標原点は画面の左下コーナです。

昼用&夜用モデルでは、夜間にビデオモーションセンサを使用する場合、この行は左側(夜)のイメージセンサに対してコピーされます。 1,270,190,100,100,2

ヒント: 新しくウィンドウを追加する場合は、イベント設定画面を開き、ヘルプページの画像領域へのグラフィック入力の手順に従ってください。

1ラインの形式:
イメージセンサ、位置 x、位置 y、幅、高さ、感度、面積[、max. 面積]

1ラインのパレメータ:

イメージセンサ 0 = 右カメラ
1 = 左カメラ
位置 x 画像の左端からウィンドウの左端までの画素数
位置 y 画像の下端からウィンドウの左端までの画素数
ウィンドウの幅
高さ ウィンドウの高さ
感度 設定値: 0-99%
値を小さくすると、ビデオモーションセンサの感度が上がります。
面積 設定値: 0-99%
値を小さくすると、小さな変化面積を示すことになります。
イベントをトリガするために必要な、ウィンドウ内で変化のあった部分の面積パーセンテージ。
最大面積 設定値: 0-99%
ウィンドウ内で許容されたイベントトリガ用の変化面積(%)最大値。これはオプションパラメータです。

リファレンスウィンドウを使用したアラームの誤報の防止

リファレンスウィンドウはモーションウィンドウによってトリガされたイベントに対してアラームの誤報を防止するために使用します(光の状態の急速な変化に起因する場合など)。

画像内の動きのない部分に追加のモーションウィンドウを定義します。次に、ウィンドウの定義の前に感嘆符(!)を追加します。

例: !0,912,750,364,188,20,25

コメントを使用したウィンドウの定義の停止

ウィンドウの定義を一時的に停止するには、定義の前にシャープ記号(#)を挿入します。このウィンドウの定義は保存されたままですが、ビデオモーションウィンドウとしては使用されません。

ビデオモーションの定義をコピーします。

このオプションが起動している場合は、全ビデオモーションの定義は両方の画像検出器で使用されます。

両眼モデルのビデオモーション

両方の画像センサ(センサがライブ画面で示されていることにかかわらず)を実行します。このオプションを使用すると、最大フレームレートを下げる可能性があります。

マイクロホン(MI)

カメラ内蔵のマイクロホンはカメラ周辺ノイズに反応します。

設定した時間以上、ノイズがトリガレベルを超えているとイベントがトリガされます。

テキストと表示設定画面でレベルメータを選択し、マイクロホンを信号源にする。レベルメータはアプリケーションに合わせ、最適なトリガレベルの設定に役立ちます。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
デジタル入力(SI):

カメラへのデジタル入力はイベントをトリガします。例えば、ドアベルをデジタル入力につないでおくと、ドアベルが鳴った時にイベントが起こります。

オプション:

オープン(high) 接点がオープンしている場合はイベントをトリガします。
クローズ(low) 接点がクローズしている場合はイベントをトリガします。
立下り(high〜low) 接点がオープン(立上り信号フランク)している場合はイベントをトリガします。
立下り(high〜low) 接点がクローズ(立下り信号フランク)している場合はイベントをトリガします。
変更(立上りまたは立下り) 接点の状態が変更(立上りまたは立下り信号フランク)するとイベントをトリガします。

デバウンス時間

この時間間隔は信号入力を即座に切り替えられることを防ぎます(例えば、ベルボタンが立て続けに押された場合など)。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
2番目の信号入力(SI2)
3番目の信号入力(SI3)
4番目の信号入力(SI4)

これら3つの追加信号入力用にRS232インターフェースのピンを設定できます。

  • 信号入力(ピン9-5):シリアルインターフェースのピン9と5上のカメラの信号入力がクローズされているとイベントはトリガされます。
  • CTS信号(ピン8-5)*:カメラがシリアルインターフェース(RS232)の8ピンと5ピンでCTS信号を受信するとイベントはトリガされます。
  • DSR信号(ピン6-5)*:カメラがシリアルインターフェース(RS232)の6ピンと5ピンでDSR信号を受信するとイベントはトリガされます。
  • RxD信号(ピン2-5)*:カメラがシリアルインターフェース(RS232)の2ピンと5ピンでRxD信号を受信するとイベントはトリガされます。

*これらの信号入力を使用するためには、シリアルインターフェースとモデム設定ダイアログのシリアルインターフェースオプションをデータに設定し、モードI/O モードに設定します。

デバウンス時間

この時間間隔は信号入力を即座に切り替えることを防ぎます(例えば、ベルボタンが立て続けに押された場合など)。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
周期イベント(PE): 周期イベントは時間調整できるシンプルなイベントです。このイベントは、1分以下の間隔でイベントを作成する場合に使用します。
  • インターバルの単位を選択します。
  • インターバルの期間を設定します。
タイムタスク(TT)

タイムタスクはタスクによってコントロールされ、タイムタスク画面にて作成、管理されます。

タイムタスクを実行するためにこのオプションを使用します

ユーザクリック(UC)

UCイベントソフトボタンをクリックして手動でイベントをトリガします。

カメラがイベントに反応するかどうか調べるには、このオプションを使用します。

記録開始(RB) カメラで記録が開始したらイベントをトリガします。
記録終了(RE) カメラで記録が終了したらイベントをトリガします。
履歴記録(RH) カメラで履歴画像を記録したらイベントをトリガします。
記録停止(RT) カメラの記録停止機能で記録を停止して、記録された画像を保持して上書きを防止する場合にイベントをトリガします。
ボタン(BT)

カメラ前面のRLと記されたスイッチを一つまたは両方押してイベントをトリガします。

イベントをトリガするスイッチはどちらか、どの組み合わせにするかを設定します。

IRリモートコントロール(IR)

IRリモコンの信号を受けると、カメラはイベントを発生します。

すべてのコード受信に対してイベントを起こすために使用します。

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルおよびMOBOTIX D10では使用できません。
IPレシーブ(RC) TCP/IP経由でIP通知を受け取ると、カメラはイベントを発生します。
  • 通知メッセージを受け取るポート番号を設定します。
  • 通知メッセージのチェック方法を選択します。
    ストリング比較 この欄に入力したテキストと受信テキストが一致するとイベントが発生します。
    レギュラー表現 この欄に入力したレギュラー表現と受信テキストが一致するとイベントが発生します。
  • テキストあるいは、レギュラー表現を入力します。
注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
COM in (CI) カメラはシリアルインターフェース経由でメッセージを受信すると、イベントをトリガします(RS232)。
  • 通知メッセージのチェック方法を選択します。
    ストリング比較 この欄に入力したテキストと受信テキストが一致するとイベントが発生します。
    レギュラー表現 この欄に入力したレギュラー表現と受信テキストが一致するとイベントが発生します。
  • テキストあるいは、レギュラー表現を入力します。
注意:

バイナリ比較する場合は、ASCIIコードに基づくHEXコードを示す特殊文字の入力が必要です。

例:

文字 16進記号
? %3F
= %3D
注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
温度(TP)

内蔵の温度センサは、設定温度に対する実測値の高低によってイベントをトリガします。

  • 実測値が設定値より高く、または低くなったときのどちらでイベントがトリガするか決めます。
  • イベントをトリガする温度を入力します。
  • 温度の単位を選択します。
  • どのくらいの頻度でイベントをトリガさせるか決めます。
    最初 イベントは最初の一回だけトリガされます。 最初にその状態が検出されたときのみです。
    毎回 条件が成立している間、毎回イベントがトリガされます。
注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
照明(IL)

照明の実測値がここで入力した値と異なる場合、イメージセンサはイベントをトリガします。

  • このイベントに使用するイメージセンサを選択します(両眼モデルでのみ使用できます)。
  • 実測値が設定値より高く、または低くなったときのどちらでイベントをトリガするか決めます。
  • イベントをトリガする照明の値を入力します。
  • どのくらいの頻度でイベントをトリガさせるか決めます。
    最初 イベントは最初の一回だけトリガされます。最初にその状態が検出されたときのみです。
    毎回 条件が成立している間、毎回イベントがトリガされます。
注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。
ランダムイベント(RD)

カメラは時間的にランダムにイベントをトリガできます。

1時間あたりのランダムイベント数を設定します。数値は長期的に、1時間あたりのイベントトリガ゙数の平均値を表します。

有効な値:0.0001から500.0000まで。デフォルト値:1.000(1;これらの値は少数点で表示され、カンマは同じように使用します)

注意: この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。

Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/