Table of Contents   MOBOTIX Online Help

イベント共通設定

カメラのメインイベント制御はイベント共通設定ダイアログを開いて、待機中または非待機中にでき、さらにcustom signalsmaster/slave機能またはイベントLEDのような関連機能の設定も可能です。

注意: ダイアログの全部のオプションを表示するにはMoreボタンをクリックします。

パラメータの説明

メインイベントの動作待機

オプション パラメータ
動作待機

動作待機を永久停止または一時停止するとき、イベントの検出は継続(画像にシンボルがハイライト表示)されますが、それ以上の処理は行われません。画像は保存されず、イベントカウントも増加しません。アクションやメッセージ゙送信も実行されません。

起動 カメラは常時待機状態です。
オフ カメラは常時停止状態です。画像保存、アクション、メッセージ送信しません。
SIクローズ(low) 信号入力が閉じると待機中になります(キースイッチなど)。
SIオープン(high) 信号出力が開くと待機停止状態になります。
CS1、CS2、CSL 該当するcustom signaltrueのときだけ、カメラは動作待機します。
マスタから master cameraが待機しているときだけカメラは動作待機します。
スレーブモード マスタカメラのそれぞれのサブシステムが待機中のとき、記録、アクション、メッセージ送信およびメッセージ送信2の4つのサブシステムの動作待機状態だけでなくメインイベントの待機は、それ自身および他のものへ個別に実行できます。
注意:

カメラの待機状態は現在プッシュホンを使用して制御できます。このオプションに関するその他の説明は、ヘルプ画面のCamera Remote Control via ISDNおよびCamera Remote Controlを参照してください。

タイムテーブル

このダイアログで定義したメッセージを時間制御で待機させるには、タイムテーブルプロファイルを選択する必要があります。待機を使用可にします。タイムテーブルプロファイルは信号入力による待機と組み合わせることもできます。

カスタム信号

オプション パラメータ
ソース

カスタム信号 CS1CS2CSLは、様々なソースからの信号を更新設定でき、その後追加入力をメインイベントの動作待機、記録、アクション、メッセージ送信およびメッセージ送信2のカメラ動作待機制御が行えるローカルカメラの保守を示します。

CS1CS2の入力ソース:

オフ カスタム信号をfalseに設定されています。
信号入力 カスタム信号はローカル信号入力から信号を更新します。signal inputsignal input stateパラメータを使用して、その信号をさらに設定ができます。
タイムテーブル カスタム信号はローカルのタイムテーブルプロファイルに基づいた状態を示します。time tableパラメータを使用して、このタイムテーブルを選択できます。
マスタから マスタカメラのそれぞれのカスタム信号がtrueのときのみ、カスタム信号がtrueになります。

logically combinedカスタム信号のCSLの入力ソースは、以下のとおりです。

オフ カスタム信号CSLはローカルでfalseに設定されています。
CS1およびCS2 ローカルカスタム状態CS1CS2の両方が同時にtrueのときのみ、CSLtrueになります。
CS1またはCS2 ローカルカスタム状態CS1およびCS2のどちらか1つがtrueのときのみ、CSLtrueになります。
マスタから マスタカメラのCSLtrueのときのみ、CSLtrueになります。

カスタム信号のその他の重要な特徴は、それらの信号をMaster/Slave機能を使用して一連のネットワークカメラに配信できるということです。

信号入力

カスタム信号用の入力として使用するためにどれか有効な信号入力を指定できます。カメラのモデルにより以下のオプションを選択できます。

M10、D10
M12、D12
  • 信号入力(ピン9-5)
  • CTS信号(ピン8-5)
  • DSR信号(ピン6-5)
  • RxD信号(ピン2-5)
M2x (Cam-IO拡張ボックスを使用)
  • 信号入力1
  • 信号入力2
信号入力ステータス

信号入力チャネルのどの状態によりそれぞれのカスタム信号がtrueに設定されるかを指定できます。

クローズ(low) 選択した信号入力回線がクローズされたときのみ、カスタム信号はtrueになります。
オープン(high) 選択した信号入力回線がオープンされたときのみ、カスタム信号はtrueになります。
タイムテーブルプロファイル

このリストから、該当するカスタム信号用の入力としてローカルで定義されたタイムテーブルプロファイルの1つを選択できます。タイムテーブルプロファイルが現在アクティブのときのみ、カスタム信号はtrueになります。

マスタ/スレーブ

オプション パラメータ
マスタ/スレーブを使用可能にします。

この機能により、マスタカメラの動作待機状態およびカスタム信号は、自身の待機動作を制御するこの情報に対応したスレーブカメラを通じて配信できます。カメラをマスタまたはスレーブのどちらかで動作させたい場合は、このオプションをアクティブにします。または、システムリソースを保存するためにこのオプションを非アクティブにします。

注意: カメラは、カスケーディングマスタ/スレーブ階層で実行するためにマスタまたはスレーブで同時に動作できるように設定できます。この場合、環状構造は避ける必要があります。
マスタカメラ

カメラをスレーブモードで使用したい場合は、マスタカメラを待機状態およびカスタム信号がインポートされるカメラから入力します。マスタカメラにIPアドレスまたはDNS名のどちらかを指定できます。このカメラがマスタとしてのみ使用する場合はこのフィールドをブランクにします。

レプリケーションプロトコルポート

マスタ/スレーブ機能は、ネットワークプロトコルを使用してマスタカメラのステータスを一連のスレーブカメラにリプリケートできます。このフィールドに関連する各カメラでオープンにされるIPポートを入力します。注意:1つのマスタ/スレーブシステムに使用する全カメラは同じレプリケーションプロトコルポートを使用する必要があります。デフォルトポートは60000です。

LED

オプション パラメータ
LED点滅

このパラメータはLEDセットアップダイアログでイベントに設定されたカメラのLEDの点滅を制御します。

  • イベント記録時点滅(デフォルト):イベントLEDはカメラでイベントを記録している間点滅します。
  • イベント検出時点滅イベントLEDは起動しているイベントがカメラで検出された場合に点滅します。
  • LED点滅しないイベントLEDは点滅しません。
LEDブリンク

このパラメータは、 LEDセットアップダイアログでイベントに設定されたカメラのLEDのブリンク(点滅する間隔が点滅よりも遅い)を制御するさまざまなオプションがあります。工場出荷時設定値はBlink on recordingです。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/