Table of Contents   MOBOTIX Online Help

イベントフィルタ

イベントフィルタダイアログには、イベントの発生を制御するすべてのフィルタがあります。


共通設定

イベントデッドタイム

イベントデッドタイムはイベントが検出された後、新規のイベントがトリガされるのを防ぎます。

イベントフィルタ

イベントカウンタ

イベントカウンタ(EC)はイベントが瞬時にトリガされるのを防ぎます。トリガする条件は、指定した時間内に起こったイベントの数が一定値に達したか、超えたか、または達しなかったか..。

たとえ複数のイベントセンサが同時に動作中であっても、各イベント画像のイベントカウンタの増加は1ずつです。

イベントカウンタは、例えば、生産計画におけるベルトコンベヤの監視用に使えるでしょう。規定時間内に予定以下のイベントしか発生しなかった時、不具合が認識されカメラはアラームを出します。

また、イベントカウンタはビデオモーション(VM)のアラームの誤報を避けるためにも必要です。イベントカウンタでは、例えば2秒から5秒の長さでイベントが発生した場合のみイベントがトリガされるよう設定できます。それによって、被写体が実際に動いているかどうか確認できます。

パラメータ 説明
イベントカウンタ使用可

イベントカウンタが使用可能な場合、このイベントはアラームをトリガします。イベントカウンタはイベントの選択ボックスで選択されたすべてのイベントをカウントします。

個々のイベントは、そのイベントカウンタのみにアクションのトリガを許可するか、または個々のイベントもアクションをトリガできるかどうかを制御します。

カウントするイベント イベントの選択リストでカウントするイベントを選択します。複数のイベントは、[Ctrl]キーを押しながら選択します。
個々のイベント

カウントした個々のイベントの保存または削除を指定します。イベントを保存すると、そのイベントによりアクションやメッセージが開始します。

  • イベントを無視:起動すると、アクションはイベントカウンタによってのみトリガされます。
  • イベントを認識:アクションはイベントカウンタおよびイベントの選択ボックスで選ばれた個々のイベントによりトリガされます。
カウンティング期間 イベントがカウントされる時間の長さを定義します。
設定値:1〜3600 sec
イベントカウント イベントの予定数を入力します。
設定値: 1 .. 3600
条件 イベントのトリガ条件を設定します。
より多い/同じ 予定した数のイベントに等しいか、それ以上であればイベントをトリガします。
より少ない 予定した数のイベント数未満であればイベントをトリガします。
アクション開始 どのくらいの頻度でイベントをトリガさせるか決めます。
最初 イベントは最初の一回だけトリガされます。最初にその状態が検出された時のみです。
すべて 条件が成立している間、毎回イベントがトリガされます。

Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/