Table of Contents   MOBOTIX Online Help

ダイナミックDNS

ダイナミックDNSの設定ダイアログで、カメラのDynDNS Clientを設定すると、カメラのIPアドレスが変更してもシンボルのホスト名を使用してカメラにアクセスできます。


はじめに

インターネット経由での接続は通常、インターネットサービスプロバイダによって確立されます。プロバイダが割り当てるIPアドレスを固定されていないため、カメラのIPアドレスはプロバイダに接続するたびに異なります。カメラをインターネットに接続すると、現在のIPアドレスを知らない限り、インターネット経由でカメラにアクセスすることはできません。

Domain Name Service(DNS)はインターネットの重要なサービスです。メームサーバと呼ばれるサービスでは、分散したデータベースがシンボルによるホスト名(www.mobotix.comなど)を各IPアドレス(213.83.41.133など)に割り当てます。ただし、DNSのコンセプトは静的に割り当てられたIPアドレスに基づいています。本来このコンセプトは、プロバイダにダイアルアップしたときに使用される、頻繁に変化するIPアドレスの処理を目的としていませんでした。

この固定されていないIPアドレスをDNSで管理するために、ダイナミックDNSサービス(DynDNS)が導入されました。また、DNSにはカメラが現在のIPアドレスを転送するメカニズムも追加されたため、IPアドレスはネームサーバのデータベースで自動的に更新されます。

DynDNS Clientの設定

カメラでダイナミックDNSを設定する前に、カメラのホスト名とダイナミックDNSを登録する必要があります(mycam.dyndns.orgなど)。ダイナミックDNSサービスを提供しているウェブサイトのリストは、サービスタイプリストボックスを参照してください。

パラメータの説明

パラメータ 説明
クライアント このオプションではカメラのダイナミックDNSクライアントを有効または無効にします。
サービスタイプ ダイナミックDNSのデータ転送は標準化されていません。そのため、DynDNSのプロバイダによって、データ交換のフォーマットは異なります。ダイナミックDNSサービスのサービスタイプを選択します。
サーバ ダイナミックDNSプロバイダのサーバのシンボルによる名前(members.dyndns.orgなど)またはIPアドレスを入力します。

入力するサーバが不明の場合、このフィールドは空欄にします。空欄にすると、カメラでは自動的に標準サーバが使用され、サービスタイプフィールドのブラケット内に表示されます。

ホスト名 ダイナミックDNSに登録したカメラのホスト名(members.dyndns.orgなど)を入力します。
ユーザ名 ダイナミックDNSの登録中に登録したユーザ名、または割り当てられたユーザ名を入力します。
パスワード ダイナミックDNSサーバの認証に使用するパスワードを入力します。
接続 正常に機能している場合、このフィールドにはダイナミックDNSクライアントが使用する接続が表示されます。これは通常のルートで定義された接続です。標準のルートを設定するには、ルーティングダイアログを開きます。

設定値のテスト

イーサネット接続

この接続では、カメラのダイナミックDNSクライアントはカメラを再起動したときに1度だけIPアドレスを転送します。

ネットワークで、たとえばDSLを使用してインターネットに接続している場合、各ルータに新規IPアドレスが割り当てられた、定期的にカメラが再起動していることを確認する必要があります。出荷時設定では、タイムタスクダイアログでタイムタスクが指定されているため、カメラは1日に1度再起動します。

この機能のステータス情報を確認するには、システムメッセージダイアログを開きます。

ISDNダイヤル発信接続

接続タイプにISDNダイヤル発信接続を選択したら、Test Network Configurationダイアログで接続をテストするため、カメラを再起動します。ログウィンドウには、ダイナミックDNSサーバに正常にログオンしたかどうか表示されます。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

 In order to enable these settings, you need to store the configuration and reboot the camera!

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/