Table of Contents   MOBOTIX Online Help

カメラの起動

カメラは電源(または電源にインライン接続しているネットワークやISDNケーブル)が接続されると自動的に動作を開始します。

MOBOTIX M10の起動オプション

カメラ前面のキーを使用すると、MOBOTIX M10の起動時の動作を変更できます。出荷時IPアドレスで使用開始したり、あるいはダイナミックIPアドレスを取得するためにDHCPを使用することもできます(DHCPサーバがネットワークで使用できる場合)。DHCPを使用する場合、IPアドレスと他のネットワークデータは自動的にボイスメッセージでアナウンスされます。

注意: M10 WebモデルとBasicモデルはオーディオ機能がないため、ネットワーク設定はアナウンスされません

MOBOTIX M10のカメラキー

MOBOTIX M10のカメラ前面には、2つのキーがあります(カメラにRLのラベルが貼られています)。

R = カメラの右側
(カメラ側から見て)
L = カメラの左側
(カメラ側から見て)

DHCPによるカメラの起動:M10

起動時、カメラはローカルネットワークにあるDHCPサーバからアドレスを取得しようとします。

起動すると、カメラは自動的にIPアドレス、ネットワークマスク、MACアドレスをアナウンスします(例外:WebおよびBasicモデル)。

注意: カメラを起動するたびに同じネットワーク設定を使用する場合は、Rキーを1回だけ押します。

出荷時設定のIPアドレスによるカメラの起動:M10

出荷時設定のネットワーク設定値でカメラを起動します。

カメラは出荷時設定値でアクセスできるようになります。出荷時設定でカメラを起動すると、パスワードはリセットされません

MOBOTIX M10の起動オプション

カメラのカバーの下に組み込まれたマグネット式のスイッチを使用すると、MOBOTIX M10の起動時の動作を変更できます。出荷時設定値(出荷時設定のIPアドレス)で使用開始したり、あるいはダイナミックIPアドレスを取得するためにDHCPを使用することもできます(DHCPサーバがネットワークで使用できる場合)。DHCPを使用する場合、IPアドレスと他のネットワークデータは自動的にボイスメッセージでアナウンスされます。

MOBOTIX D10のカメラ"キー"

MOBOTIX D10には1つだけ"キー"があります。このキーは、カメラに同梱されたカスタムツールの裏側にあるマグネットを使用して動作させます。カメラのカバーを取り除いてキーを操作可能な状態にします。

キー"L"  

DHCPによるカメラの起動:D10

起動時、カメラはローカルネットワークにあるDHCPサーバからアドレスを取得しようとします。

起動したら、カメラは自動的にIPアドレス、ネットワークマスク、MACアドレスをアナウンスします。

注意: 起動したカメラにもう一度ネットワーク設定をアナウンスさせるには、カスタムツールのマグネット側を図の"L"のラベルが貼られたボタンの位置に合わせます。

出荷時設定のIPアドレスによるカメラの起動:D10

出荷時設定のネットワーク設定値でカメラを起動します。

カメラは出荷時設定値でアクセスできるようになります。出荷時設定でカメラを起動すると、パスワードはリセットされません


注意: カメラのキー使用して設定値をロードする場合、この設定は自動的に保存されません。カメラのキーを使用せずにカメラを再起動すると、最後に保存された設定値が使用されます。

オペレーティングシステムのバックアップ

システムソフトウエアのアップデート中に使用しているオペレーティングシステムが破損した場合、カメラを再起動すると、完全な機能を備えたオペレーティングシステムのバックアップが自動的に使用されます。前回設定した内容はすべて有効になっています。再起動すると、カメラはバックアップのオペレーティングシステムで稼働しますが、接続は維持されます。

オペレーティングシステムのバックアップでは、出荷時のソフトウェアのバージョンが表示されます。バックアップは上書きできません

システムソフトウェアのアップデートに失敗した場合、カメラステータスを開いて、カメラのソフトウェアバージョンを確認します。ソフトウェアバージョンが出荷時のバージョンと同じ場合は、新しいバージョンでアップロードの手順を再開します

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/