Table of Contents   MOBOTIX Online Help

記録

記録ダイアログを開いて、カメラでイベント(アラーム)を保存する方法を設定します。

MOBOTIXカメラには次の3種類の記録モードがあります。

記録方法は選択したビデオコーデック (JPEG、MxPEG)とは別に設定できます。ただし、フレームレートを最大にして効果的な保存をするには、MOBOTIX MxPEGコーデックを使用します。

イベントコントロールの記録以外にも、他の記録オプションとは別に履歴画像を一定間隔でカメラに保存できます。履歴画像のフォーマットはライブ画像とは異なります。そのため、カメラでビデオ/オーディオクリップとVGAフォーマット(640x480ピクセル)にイベントを記録しながら、解像度の高い画像(1280x960ピクセル)を10分置きに保存できます。

注意: ダイアログの全部のオプションを表示するにはMoreボタンをクリックしてください。

記録プロセス

カメラにはイベント番号に従って、画像シーケンスとビデオクリップが保存されます。記録が1分以下の場合、各イベントには新規のイベント番号が割り当てられます。ライブ画像の左下隅には現在のイベント番号が表示されます。イベント番号は000000から999999までの6桁の数値です。

前に説明したように、MOBOTIXカメラには3種類の記録モードがあります。スナップショット記録イベント記録連続記録の3種類の記録モードが使用できます。各記録モードについては、後半で詳しく説明します。

MOBOTIXカメラでは、画像やビデオクリップの記録の開始停止および再トリガを自動に設定できます。WebモデルとBasicモデルで設定できるのは記録の開始のみで、再トリガは設定できません。

プロセスの説明:標準記録

プロセスの説明:再トリガ記録

この機能は、再トリガ記録でイベントが選択された場合のみ使用できます。この機能はWebモデルとBasicモデルでは使用できません。

プロセスの説明:記録停止

イベントの最後の画像が保存されると、カメラは記録終了(RE)イベントをトリガします。

補足:


パラメータの説明

オプション パラメータ
動作待機

このオプションではカメラの記録機能または(デフォルト:使用可能)または記録を制御する信号入力(SI)の使用を停止できます。

起動 カメラの記録は常に待機(有効)しています。RECアクションシンボルが黄色で表示されます(本文の後半の記録(REC)を参照):(記録)になります。
オフ 記録は使用不可になっているため、画像やクリップは内部の画像ストレージやファイルサーバには記録されません。REC アクションシンボルはグレーで表示されます(本文の後半の記録(REC)を参照):(記録)になります。
SIクローズ(low) 信号入力が閉じると記録します(キースイッチなど)。
SIオープン(high) 信号入力が開くと記録します。
CS1、CS2、CSL それぞれのカスタム信号がtrue(真)の場合だけ、カメラは記録します。
マスターから マスターカメラの記録が待機中のときだけカメラは記録します。

RECアクションシンボルが右下隅に黄色で表示されます(後半の記録(REC)を参照):(記録)になります)。イベントコントロールによるスナップショット画像とイベントの記録中、このシンボルは青緑色(REC)で表示され、記録が完了すると黄色(REC)に戻ります。記録を続けている間は、アクションシンボルは常に緑色:(記録)になります。

動作待機記録が一時的にスイッチオフまたは停止している場合、カメラにイベント(アラーム)は記録されません。画像は記録されず、イベント番号も増えません。アクションシンボルであるRECはグレー:(記録)になります。

イベント共通設定ダイアログでイベントコントロールが完全に無効(オフ)になっている場合、ライブ画像の下部にはイベントやアクションのシンボルは表示されません。

注意: アクションおよびメッセージは記録に接続していないため、カメラでは記録が停止している場合でも、これらの機能が実行されます。
タイムテーブル

このダイアログで定義したメッセージを時間制御で待機させるには、タイムテーブルプロファイルを使用する必要があります。

このダイアログ(上記参照)の動作待機記録使用可に設定します。または、SIクローズ(low)またはSIオープン(high)オプションを使用して、カメラの信号入力(キースイッチなど)と連動するよう設定することもできます。

記録停止(TR)

この機能では、停止するまでの時間が終了した後に選択したイベントが発生した場合に、自動的に画像やビデオクリップを停止します。このオプションは、保存した画像の保持や上書きを防止するために使用します。

  • 記録停止を起動オンに設定します。
  • 記録を停止するためのイベントを停止条件で選択します。
    注意: 選択したイベントは、イベント設定ダイアログで有効にします。それによって、停止しているイベントが表示されます。
  • Time Before Stopのイベントの発生と全アクション停止の間に遅れ時間を設定します。
  • Time Before Stopソフトボタンまたはそのダイアログのリンクをクリックすると、記録は再度有効になります(ソフトボタンに関する説明は、Defining softbuttonsのヘルプ画面を参照してください)。

記録が終了すると、アクションシンボルTRが黄色:(TR)で表示されます。

停止するまでの時間の実行中は、カメラにはライブ画像の記録が終了するまでの残り時間が秒で表示され、TRアクションシンボルは青緑色になります。

その後、カメラにはライブ画像で終了を示すメッセージが表示され、記録が終了してTRアクションシンボルがグレーになります。

記録(REC):

スナップショット記録

スナップショット間隔が0msと10分に1画像の間に設定されていると、スナップショット記録にはオーディオデータのない1枚のJPEG画像が保存されます。この記録モードの利点は、1枚の画像に必要な保存容量が減り、画像間の間隔を長くできることにあります。

工場出荷時設定では、カメラには最大数(カメラモデルにより異なる)のアラーム前アラーム後の画像が各イベント履歴に保存されます。

モデル アラーム前の画像数 アラーム後の画像数 イベント停止後の画像
Web/Basic 3 3 -
IT 10 10 10
セキュリティ 50 50 50

ファイルサーバのパフォーマンスを向上させるため、イベント履歴パックチェックボックスを有効にします。イベント画像とアラーム前後のすべての画像が1つのクリップファイルに統合され、ファイルサーバでのファイル操作が大幅に減ります。

イベント履歴の画像間隔を長くする(最大10分)ために、各画像間の時間間隔を十分な長さで設定します。

注意:

  • イベント検出した際のイベント画像(アラーム画像)は常に保存されます。
  • アラーム前後の画像(1280x960の解像度など)に必要な保存容量を確保するため、ここで設定した画像数を下回る場合があります。その場合、以下で説明する方法のいずれか、またはいくつか組み合わせて実行してください。

    • JPEG設定ダイアログのJPEG品質を下げます。
    • 一般設定ダイアログの解像度を減らして、保存されたアラーム前の画像に関するデータの量を減らします。
    • 短時間に多くのアラームが連続して発生する場合、デッドタイムの記録を増やします。それによってアラームのアラーム前画像が後続のアラームに上書きされます。
    • 再トリガ記録全体に設定して、すべてのイベントを1つのイベント番号を持つ1つのイベントフォルダに保存します。
    • アラーム前後の画像の数量を減らして、スナップショット間隔の値を増やします。

記録(REC):

イベント記録

注意: イベント記録はセキュリティカメラでのみ使用できます。

イベント記録にはオーディオデータのあるMxPEGクリップ(M00001.jpgM00002.jpg ...、それぞれの記録時間は最大10秒)が保存されます。この記録方法の利点はサーバのパフォーマンスが向上して効果的に記録できることです(最大100台のカメラの記録が標準的な1台のPC(P4、3GHz)に保存できるなど)。また、この方法ではカメラのリアルタイムオーディオ(サウンド)データを保存できます。

イベント前の記録時間は5秒に制限されています。記録中の追加のイベントはJPEG画像(E00001.jpgE00002.jpg ...)として保存されます。

フレームレート:MxPEGクリップは5秒につき1画像以下ではなく、ライブ画像の最大イベントフレームレートで記録されます。カメラのオーディオデータはフレームレートに関わりなく、常に同じ音質で記録されます。

複数のイベント:1つのイベントの記録が5分を超える場合、または、1つのイベントに対する保存容量が内部の画像ストレージの40%を超える場合、カメラはイベントを分割します。その後、記録は新しいイベント番号で再開します。

注意:

  • イベント記録モードでは、カメラは新規記録の開始時に記録開始(RB)をトリガします。
  • 記録終了(RE)イベントは記録が終了するとトリガされます(延期された記録などの再トリガを含む)。

記録(REC):

連続記録

注意: 連続記録はセキュリティカメラでのみ使用できます。

連続記録ではオーディオデータのあるMxPEGクリップ(M00001.jpgM00002.jpg ...)が連続して保存されます。この記録モードの利点は、フレームレートを下げた連続記録とイベント検出時にカメラが自動でフレームレートを上げる永久的なオーディオ記録にあります。

イベント番号は毎分増加し、1つのイベントフォルダに60秒のビデオおよびオーディオデータを保存できます。最初のイベント画像はE00000.jpgになります。この画像は通常、毎分保存されます。連続記録モードでイベントが検出されると、イベント番号は増加しません。カメラには追加のイベント画像が保存され、オプションでフレームレート(最大値まで)を上げることができます。

フレームレート:MOBOTIXカメラでは、2種類のフレームレートを使用して記録できます。平常時のビデオデータの量を抑えるため、低いフレームレートで記録できます(連続記録のフレームレート)。イベント(アラーム)の場合、イベントフレームレートを使用して、高画質でイベントが保存されます。イベント記録と同様に、フレームレートに関わりなく、カメラのオーディオデータも同じ音質で保存されます。

注意:

  • 連続記録モードでは、記録開始で選択したイベントが検出された場合のみ、記録開始(RB)イベントがトリガされます。
  • イベント記録と同様に、記録終了(RE)イベントは記録が終了するとトリガされます(延期された記録などの再トリガを含む)。
履歴記録(HR)

この機能では、イベントコントロールの記録のほかに、履歴画像を個別のフレームレートで記録できます。履歴画像にはそれぞれ固有のイベント番号が割り当てられ、JPEG画像(E00000.jpg)として保存されます。

履歴画像を保存するときに、進行中の記録が中断したり停止することはありません。

画像プロファイル:履歴画像には異なる画像フォーマットを使用できます。画像のプロファイルを開いて、新規の画像フォーマットの指定または既存のフォーマットの編集を行います。


Storing the Configuration

Click on the Set button to activate your settings and to save them until the next reboot of the camera.

Click on the Factory button to load the factory defaults for this dialog (this button may not be present in all dialogs).

Click on the Restore button to undo your most recent changes that have not been stored in the camera permanently.

Click on the Close button to close the dialog. While closing the dialog, the system checks the entire configuration for changes. If changes are detected, you will be asked if you would like to store the entire configuration permanently.

cn, de, en, es, fr, it, jp, ru

© 2001-2017 MOBOTIX AG, Germany · http://www.mobotix.com/